NO IMAGE

【サッカー】幼児に出来るサッカー練習法

  • 2024年2月11日
  • 2024年2月11日
  • コラム
  • 2view

今回は幼児の頃から出来るサッカーの練習をいくつか紹介します。どれも親御さんと一緒に出来る練習なので是非やってみてください。

【基本】ボールを使った親子で出来る練習①

親御さんと一緒にやる練習の一つ目はサッカーボールを使ったキャッチボールです。

 

まずは両手を使ってのキャッチボール。相手に取りやすいように山なりのボールでキャッチボールをしましょう。そして慣れてきたら今度は片手でのキャッチボールをやってみます。この時注意すべきことは投げるのも受けるのも片手でやるので、使わない手の方にボールがくると受けにくくなります。相手のどこに投げると受けやすいかを考えさせながらキャッチボールするようにしましょう。

 

このキャッチボールはボールを蹴ってパス練習をする際、相手のどこに蹴れば相手がボールを受けやすいかを自然と考えて出来るようにする事前練習になっています。

 

片手でのキャッチボールの次は、高く投げ上げたボールを受ける練習をしてみます。これはサッカーでの「浮き球の処理」の事前練習になっています。慣れてきたら高く投げ上げたボールを足で止める練習に移行していくといいでしょう。

 

サッカーだから最初から足でやらないといけないと思っている親御さんも多いかもしれませんが、そんなことはありません。まずはボールに慣れること、相手とボールの受け渡しをすること、そこから少しずつボールを蹴ることへ移行するといいでしょう。

 

【基本】ボールを使った親子で出来る練習②

ドリブル練習を始める前に親子でやってほしい2つ目の練習は、親御さんがボールを持った状態でお子さんにボールを蹴らせる練習です。蹴るときにお子さんが蹴り足を後ろに振りかぶらないように、親御さんはボールを持ったまま少しずつ後ろに移動します。お子さんはボールを蹴るために前に歩かないといけないので、足を後ろに振りかぶりにくくなります。こうして自然と振りかぶらず足が前に出るようになっていきます。

 

この練習はドリブルの際、足を後ろに振りかぶらず、前方だけで蹴るようにするための事前練習です。注意すべきは、お子さんが飽きて変な蹴り方をしてボールを持つ親御さんに怪我をさせる可能性があります。そうならないためにも例えば左右の足で10回ずつとか回数を決めて練習することをオススメします。

 

【基本】ドリブルが自然に身につく練習法

次はドリブル練習を始める前にお子さんにやってほしい練習です。それは「大股で歩く」練習です(笑)。サッカーをやったことがない人からすると冗談だと思われるかもしれませんが、大真面目に言います。歩く練習から始めてください!

 

低学年のお子さん向けのドリブル練習の回でも言いましたが、ドリブルの際に足を後ろに蹴り上げるお子さんが結構たくさんいるんです。ドリブルで「足を後ろに振りかぶらない」「前へ足を出す」ことが重要だということをその際も書きました。そして「前へ足を出す」ための練習の第一歩が、この「大股で歩く」になります。

 

練習の仕方は簡単です。「大股で歩く」を2往復ほどしたら次は大股で走ってみましょう。この時、お子さんには足を「前へ出す」足を「前へ開く」ことを意識して走らせるようにしましょう。そしてもう一度「大股で歩く」をやってみると、サッカー選手らしい歩き方になってきます。

 

歩くときの注意すべきポイントは、カカトから着地しないこと、足裏全体で着地することです。

 

この「大股で歩く」と「大股で走る」を何度か繰り返した後、ボールを使ってドリブルしてみるといいでしょう。繰り返すことで自然と足を「前へ出す」、足を「前へ開く」感じのままドリブル出来るようになっていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=OFUBHkT_IkY

 

まとめ

サッカーを始めたばかりの幼稚園児のお子さんにサッカーの基本を言葉で伝えるのは至難の業ですよね。まずはボールを手で扱ったり、ボールを使わずにサッカー特有の体の使い方に慣れさせることから始めるといいでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

最強のプロコーチが送る至福の時間

完全現場主義のプロコーチがサッカー家庭教師メソッドでお子様の改善点と改善方法を提示し、その場でみるみる上達させてみせます。