【サッカー】シュート練習方法特集

これを見れば、シュートの達人になれる!

サッカーをやっていれば、誰でもシュートを決めてヒーローになりたいでしょう。

でも、1試合の中で、そう何度もはシュートチャンスには巡り合えません。

だからそのチャンスを生かせるようになりたいですよね!

そのためには、日々の練習の積み重ねが大事になってきます。

今回は、シュートの基礎練習から、あらゆる場面を想定したシュート練習までお伝えしていきます。

これを見るとシュートの達人になれるかもしれませんよ!

【基本】正しいシュートを打とう!

止まっているボールなら正確にシュートを打てるのに、動いているボールだと、同じように打てなくなる場合が多いです。止まっているボールを蹴る時と動いているボールを蹴る時は、同じ角度から蹴るように心掛けましょう。

そのためには、そのように蹴る意識を常に持って、何度も何度も反復して練習することです。この動画では、ボールを蹴る際に正確なシュートが打てる角度などを教えてくれます。

(341) 正しいシュート練習と間違ったシュート練習 #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法 – YouTube

【点が取れるシュート】点が取れるシュートの練習をしよう!

点が取れるシュートは、基礎をしっかり練習していれば行えます。

まずは、シュートを打つ時の姿勢はゴールの正面を向くことです。ボールを蹴る際は、どうしてもボールから角度のあるところから蹴りたくなりがちです。そうなると姿勢はボールの方に向いてしまいます。力強いゴールを打つには、姿勢がゴールに向かう方がボールに伝わる力が強いので良いのです。これを自分のものにするために、反復練習を行なうことが大事になってきます。動画で解説が行われているので、見て習得しましょう。

そして、ゴール前で相手のディフェンスを目の前にした時のシュートの打ち方も動画で解説があります。こちらも何度も反復練習を行って、テクニックを体に染み込ませることの重要性を教えてくれています。

(341) 点が取れるシュート練習! #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法 – YouTube

【ドリブルからのシュート】ドリブルしてからのシュートを習得しよう!

シュートは、チームメイトからのパスを受けて行うこともあれば、自らドリブルでゴールに近づいて行う場合もあります。

ドリブルでゴールに近づいていくと、相手のディフェンスが何人もいるので、それらをかわしてゴールしなければなりません。ディフェンスをかわすには、テクニックが必要となってきます。そのテクニックをこの動画では教えてくれます。

ゴール前でのドリブルは、縦方向にしか進めないテクニックしか持ち合わせていないとディフェンスに阻まれてしまい、最悪ボールを奪われてしまいます。そうならないために縦だけではなく横方向にドリブルができるテクニックを身につけましょうという内容です。

この際に注意すべき点は、体の姿勢やつま先はゴールを向いていることです。いつでもシュートを打てる準備をしておくことと、そして相手にいつシュートを打つかわからないことを印象付けることが大事になるからです。

そのためにどうするか動画を確認して、練習し習得していきましょう。

(341) 谷田部式ドリブルで抜いてシュートまでの練習法 #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法 – YouTube

【実践的なドリブルシュート】実践的なドリブルからのシュートを身につけよう!

ドリブルからのシュートをより正確に身につけるには、どうしたらいいのかを動画では収録されています。

ドリブルからのシュートは、体やつま先がゴールに向かうことはさることながら、ドリブル時の左右の足の動きが大事になることを解説しています。

左右の足の動きを良くするために、ゴムチューブで左右の足をまとめ、その負担を抱えながらドリブルする練習を行います。その練習を重ねていくと、ゴムチューブを外した際の足の動きが軽くてスムーズになっています。相手ディフェンスをドリブルで翻弄させてゴールを奪いましょう。

(341) 効果絶大!ドリブルからのシュート練習 #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法 – YouTube

【逆サイドで利き足のシュートを打つ】逆サイドからのシュートを練習しよう!

通常、右利きの人ならボールの左側に立ち右足で、左利きの人だとボールの右側に立って左足でシュートを打つでしょう。しかし状況によっては、利き足方向ではないポジション、すなわち逆サイドからシュートを打つ場面が出てきます。

そんな時にどうすべきかを以下の動画は解説してくれます。難しそうに思えますが、シュートの基本に立ち返ってみると、さほど特別なことではないことがわかります。練習を何度も行って武器にしましょう。

(341) 逆サイドからのシュートを利き足できめるための練習法 #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法 – YouTube

まとめ

今回は、シュート練習の方法を紹介しました。

まずは基本練習を忠実に何度も反復してみることが大事です。

難しい局面でも、その基本練習が必ず生きてくるからです。

基本練習を行い、それを応用してさまざまな場面を想定した練習も行ってみましょう。

2024.6月 追記

シュートの練習についてまとめた、サッカー少年にとっても基礎となる記事です。試合で「チャンスが回ってきた!」と思える機会ってそこまで多くありません。

サッカーの試合で活躍するためにも、このチャンスをいかにいかせるかどうかでも変わってきます。いきなりいわれてできる人のほうが少ないように、日々の積み重ねこそが大切になってきます。

試合の状況を掴みながら、基礎練習を繰り返していきシュート練習に繋げていきましょう。正しいシュートとは何か?まずは考え、実践できるようにしていきましょう。反復練習を続けることで変わってきたのを実感できます。

また、蹴るときにボールの中心をどこまで意識できるかどうかです。中心がわかれば、そこから調整することでボールが蹴りやすくなります。

カーブボールでしっかりとインパクトシュートができるように、練習していくことが大切です。

 

 

関連記事

  1. サッカーのシュートフォームについて

  2. 【サッカー】ドリブルの基本と改善

  3. サッカー個人レッスンの効果(お子さん編&親御さん編)

  4. サッカーでのFW(フォワード)のポジショニングと動き方のコツとは

  5. 【サッカー】シュートの基本

  6. サッカーロングシュートの蹴り方とコツ