小学校5年生ーレギュラー対策→ベンチ外からスタメンへ

状況

学年:5年生
サッカー歴:幼稚園から
期間:半年ほど
頻度:週1回のレッスン
性別:男の子
依頼内容:レギュラーメンバーとしてせめてベンチに入りたい
担当:谷田部

相談内容

レギュラーメンバーのベンチ入りまでを含めて

同学年で自分ともう一人だけがベンチ登録さえもしてもらえない。

いろいろなスクールにも積極的に通い頑張っているが

なかなか上達せず、状況が変わらない。

最終的に「個人レッスン」に流れ着いた

改善内容

客観的に見える部分「姿勢」や「フォーム」はもちろん

基礎技術や「何をどう動いていいのかわからない」

といった部分から根本的に改善しました。

 

特に全体を根気よくやればいいのは誰もがわかる思いますが

本人が飽きては困るため「武器」を作ることもできるだけ早い段階で着手

結果もともと走ることは出来る子だったため

「奪い方」をマスターすることで果敢にチャレンジしてシュート→得点

というパターンを構築。

ミスをしても奪い返せばいいや。くらいの安心感を得たことで自信を持てました。

本人もそうですが親御様もうれしそうな笑顔になって頂けたのは大きな喜びです。

【結果】
レギュラーはもちろんスタメンに定着 自分の「武器」を持つことでより積極的にプレーできるようになりました。

この案件のポイント

悪いところを直しながらも

確実に「試合で生きる」部分の着手から行ったことが非常に大きいポイントです。

 

試合だけでなく、チーム練習のミニゲームの中で「やれること」を増やしていくこと

武器を作っていくことは、非常に大きな自信になります。

 

何よりも”周囲が気づき声をかけてくれる”というような

客観的な部分からわかりやすく作りました。

 

と同時に根本的な基礎的スキルやフォームや姿勢

を整えていくことで一気にレベルアップ

 

レギュラーメンバーどころか

しっかりとレギュラーメンバーを奪取、定着することができました。

 

補足2023.1.19

レギュラーを奪取する。ということ


レギュラーになりたい。と言ってやみくもにドリブル練習とリフティングを練習する。
あとはやみくもな壁打ちでロングキックやただ強いシュートを連続して打つ
それはっきり言って”無駄”です。もうやめませんか?

テストでいい点数を取りたい。と言って
範囲や傾向もわからないとやみくもに勉強。
その手始めに漢字ドリルや計算ドリルをやっているようなものです。

果たしてそれ、テスト範囲ですか?

と同様にチームでのレギュラーになるためには必ず
レギュラーになるためのヒント
というのが存在しています。

それを無意識でやっているかどうかは別として
チームの中心になる子はそれをやる必要はありません。

あくまで中心選手ではない子に必ずその考え方は必要になってきます。
今現在、それを必要としない中心選手は次のカテゴリーに行けばやってきたことのない
この考え方で壁にぶつかることは多々あります。

各チームのコーチたちが進路面でするアドバイス
「出られるチーム」というのは
この後者だった存在だからです。

しっかりと対策を立てる。立て方と考え方をマスターすればそんな馬鹿な考え方は必要ありません。
いくらでも進路でチャレンジできます。

レギュラーになるための考え方や対策の講じ方


目の前に過去問がいる。
答えが走っている。
という事実をなぜ見ないのか?

一番簡単なのはこれを分析することです。
要するに、今現在試合に出ている子の傾向となぜ出られているのかを理解し
自分がそれプラスアルファの存在になればいいのです。

それになること。プラスアルファになること。
そこから先は分析後でも難しいのかもしれません。

まあ、そこから先はプロにお任せください。何とかします。

または分析からでも対応します。
わからないことは早めに聞く。悩んでいる時間はチャンスを逃し続けているのと同じです。
お気軽にお早めにプロにお任せください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

最強のプロコーチが送る至福の時間

完全現場主義のプロコーチがサッカー家庭教師メソッドでお子様の改善点と改善方法を提示し、その場でみるみる上達させてみせます。