ポジショニングがわからない。ボールに触れない。触りにいけない。

こんにちは
谷田部です。

昨日だけでポジショニングやボールに触れない。触りにいけない。

というご相談を複数頂いたので書いていこうと思います。

ポジショニングやボールに触れない。触りに行けない。を解決するには

まず普通のスクールやチーム、他の個人レッスンでも難しいと思いいます。
なぜなら、サッカーを教える。を謳っているところは決まって「ボールコントロール」を教えているに過ぎないからです。

では、何をどうしたら良いのか。

”まずはサッカーを知ること。”
これは特別に難しいことではありません。

サッカーを知る。ということは
日常の何気ない行動の積み重ねの先にあるからです。

次に環境を変えることを恐れない。
ということです。

これはポジショニング。
というよりも触りに行けないやボールに触れない子に言えることです。

これはサッカーを知っても太刀打ちできない場合は
周囲のお子さんとの関係性やレベルの問題が考えられます。

ここでよくあるのが
「お友達がいるから」環境は変えたくない。
という言葉

お子さんがいくら言っていたとしても
状況を変えるためには一つの選択肢とすることも必要になる場合があります。

問題を解決するには
努力だけでもどうしようもないこともあります。

《自分は変えられても人を変えることはできません。》

子供達のカーストが存在している。レベルが現段階で大きく掛け離れている。
という自分の力で変えることができない時には
環境自体を変える選択肢も必要です。

もちろんそうしたご相談やケアもいたします。

まずはご相談ください。
日本全国から毎日ご相談頂いております。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 自信をつけるにはゴールを取れ!得点量産者を続出させる7つの理由

  2. 富山県での短期集中レッスンを終えて

  3. 小学校低学年で上手いと下手を分けるものそれは○○

  4. 小3小4で”伸び悩む子”にならないために知るべきこと【保存版】

  5. 未熟なコーチが増えている今「文句」や「嫌味」を直接言うと子供が干されます。

  6. 「大人のエゴからお子さんを守る」が必要な時代

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説