チームでサッカースクールやパーソナルコーチが禁止される理由

J下部チームや強いチームのほとんどは、他所のサッカースクールや個人指導を禁止しています。
それはなぜなのか?

ズバリ言います。

本当のサッカーを教えているスクールや個人レッスンは”ない”と思っているコーチ達が多いからです。
自分のチームに所属する良い選手を間違ったサッカーで”壊されるリスク”を懸念しているのです。

それほど

「間違ったサッカー」「正しくないサッカー」を教える
サッカースクールやサッカー個人レッスンが蔓延していると言えるのです。

それがこの業界の常識の一つです。

チームの指針に合っていれば受けていい?

チームのスタイルに合っていれば受けていい。と思っていたりもするかもしれません。

しかし、チームの監督やコーチから見て「チームのスタイルに合っている」

といえるスクールや個人レッスンを探すことをはたして親御さんが見極めることができるでしょうか。

 

お子さんといえども難しいといえます。

やはりチームから禁止されるスクールや個人レッスン選びはそれなりに理由があるのです。

他に何かチームが懸念されているリスクがある?

それは「引き抜き」です。

サッカースクールを運営しているところは、チームを運営しているケースが多々あります。

そうしたときに強いチームでは、良い選手が他のコーチに影響を受けたり、親御さんが感化されて

そのコーチが運営しているチームへの移籍を望む。

というリスクを懸念しています。

 

そのため、あまり数多くの外部のチームや外部のコーチに触れさせたくない。

という本音があります。

本当にみんなは受けていない?

J下部のチームのお子さん

小学生、中学生、高校生

 

各カテゴリのお子さんは実際には隠れて受講しているのが実情です。

もちろんチームには「秘密」にしてです。

まとめ

チームに禁止されている以上やはりリスクは伴います。

ばれれば最悪、干されて試合に使ってもらえなくなったりします。

 

隠れて上達したくてもそのリスクを考えると本当に紙一重とも言えます。

しかし、強いチームでもそこで試合に出られていないのであれば、何か策を講じる他ありません。

 

悪い意味で目立てば怒られますが、いい意味でチームにフィットしながら上達すれば

それは評価としてコーチから褒められ、本人にもやる意味があります。

チームにバレないことは前提にいかに上手にチームにフィットさせてくれる業者を探すか。

 

チームのことをよりよく知ってくれる。そして本人のレベルにマッチした依頼先を見つけることが非常に重要です。


サッカー家庭教師公式サイト:https://soccer-kateikyousi.com/

サッカー家庭教師代表谷田部のブログ:https://soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/