親子で一緒に!サッカーシュートのキック力を強化する効果的な練習法

親子で楽しく!低学年向けキック力アップの練習方法

こんにちは、皆さん!サッカーが好きなお子さんを持つ親御さんへ、今日は一緒にできる低学年向けのキック強化の練習法をご紹介します。親子で楽しく、そして効率的にキック力をアップする方法を学んでみましょう。

まず始めに、低学年のお子さんがキックする時、一生懸命踏み込むと足球が当たらないことがあります。一般的には、強く蹴るためには踏み込む力と足の振り方が大切と教えられますが、特に小さな子供たちがそれを試みると、球に当たらず、結果的にキックが強くならないという問題が起きます。

そのため、まず行うべき練習は「踏み込み位置の修正」です。これは親子で一緒に行うことができ、お子さんが大好きなお父さんやお母さんが一緒に参加することで、より効果的な学習になります。

通常、お子さんがボールを蹴る際には、蹴る足をボールの真横に置くことを教えられますが、これを少し修正します。今回の練習では、蹴る足をボールの真横ではなく、少し後ろに置くようにします。これにより、ボールに正確に当たりやすくなり、キック力が強くなる可能性が高まります。

次に、蹴る足の先端とボールの位置を合わせる練習をします。つま先とボールが合うように、体の位置を調整します。ここで注意したいのは、体が後ろに反らないようにすることです。この状態でボールを蹴ると、キックのパワーが増します。

最後に、足を真っすぐに蹴る練習をします。この時、蹴る足がボールに対してグリグリと動かすことは避けるようにしましょう。足が直線的に動くことで、力強いキックが可能となります。

以上が親子でできる低学年向けのキック力アップの練習法です。一

相手を抜いてもシュートが打てない問題の改善



こんにちは、サッカーファンの皆さん。今回は、ゲーム中に遭遇する一般的な問題について解説します。それは「相手を抜いてもシュートが打てない」という問題です。特に利き足以外の足でシュートを打つことに困難を感じる方々への解決策を提供します。

【問題の本質】

これが問題となる一つの原因は、ボールを運んだ後で体の向きがゴール方向ではないため、シュートを打つことが難しくなることです。例えば、左利きの選手がボールを左足で運んでいる場合、シュートを打つためにはボールの右側に立たなければならないのですが、この位置から体の中心がボール方向に向いてしまうと、シュートが打てません。

【解決策】

解決策はシンプルで、体の向きを常にゴール方向、つまり相手の方を向いていればシュートが打てるようになります。この技術を身につけるためには、練習が必要です。初めて試す際は、まずイメージトレーニングから始めてみましょう。イメージが掴めたら、実際にシュートを打つ動作を試してみましょう。すぐにうまくいかなくても、繰り返すことで体が覚えていきます。

【具体的な練習方法】

この練習のために必要なものは、マーカーが4枚あれば十分です。マーカーを使って長方形の区間を作り、その中で練習します。右利きの選手の場合、左足で体を正面向きに保つようにボールを動かします。そして、逆足である左足の外側を使って、ボールを運びながら体が正面を向くようにします。これを繰り返すことで、抜きながら体が正面を向く習慣が身につき、シュートが打てるようになるはずです。

また、利き足以外で蹴るのに苦労している場合、練習時間は少し必要ですが、同じく今述べた工夫で克服できます。たった1時間の練習でも、大きな違いを感じることができるでしょう。

それでは皆さん、良い練習を! シュート力の向上に役立つこの情報が、サッカーのパフォーマンス改善にお役立ていただければ幸いです。

 

親子で挑戦!低学年向けキック力向上練習法

こんにちは、親子でサッカーを楽しむ皆さん。今日は低学年や初心者向けに、キック力を強くする練習方法を紹介します。これは親子で楽しく行える練習なので、親御さんも参加して一緒に学びましょう。

【問題の本質】

低学年の子供がキック力を強くする際、多くの子供たちはボールを蹴るときに一生懸命踏み込むことに重点を置きますが、そこに問題があります。足を大きく振ろうとしたり、一生懸命踏み込もうとすると、結果的にボールにうまく当たらないのです。

【踏み込み位置の修正】

キック力向上のための最初のステップは、「踏み込み位置の修正」です。通常、多くの子供たちはボールの真横に足を置くように踏み込みますが、これを少し修正します。具体的には、ボールの少し後ろに足を置くようにします。この位置からキックすることで、より強くボールを蹴ることが可能になります。

【親子での練習方法】

子供がボールの真横に足を置いたら、親は子供の足の位置に合わせて自分の足を置きます。これにより、子供はボールに対する自分の位置を理解でき、次回からは自分で正しい位置に足を置くことができるようになります。

また、親子で行うこの練習では、蹴る人が注意しなければならないことがもう一つあります。それは、体を後ろに反らせることです。体が前に来てしまうと、ボールにぶつかってしまう可能性があるため、この練習中は特に足だけを意識しましょう。

この練習を繰り返すことで、子供はボールを強く蹴るための正しい姿勢と足の位置を身につけることができます。親子で協力しながら楽しく練習することで、子供のサッカースキルは確実に向上します。

それでは皆さん、練習にチャレンジしてみてください! 親子でのサッカー練習が、子供たちのサッカー技術向上だけでなく、親子の絆を深める素敵な時間となりますように。

親子で一緒に!サッカーシュートのキック力を強化する効果的な練習法


サッカーは楽しみながら体を動かすことができるスポーツであり、親子で楽しむことができます。その中でも、シュートのキック力を高めることはゲームの中で重要な要素の一つです。新たな動画「親子で一緒に!サッカーシュートのキック力を強化する効果的な練習法」では、このスキルを向上させるための練習方法を親子で楽しみながら学ぶことができます。

 基本的なキックのテクニックから始め、徐々に難易度を上げていきます。親が子どもの練習をサポートし、正しいフォームを維持しながら力を正しく伝える方法を指導します。子どもたちは、ゲームの中でより良い結果を出すために必要なシュート力を身につけることができます。

親子で学ぼう!強くて正確なサッカーボールのキックの練習法

こんにちは、サッカー愛好家の皆さん。今回は、特に子供たちのサッカースキル向上に役立つ、ボールを強く蹴る方法についてのYouTubeビデオから得た知識を共有します。また、この練習は親子で一緒に行うことができるため、親御さんも是非参加してください。

まず、正確なキックには「踏み込み位置」が重要です。踏み込む足はボールの真横ではなく、少し後ろから蹴ることを意識しましょう。これにより、より強く、より直接的にボールを蹴ることができます。ビデオの講師は、これを親子で練習することを勧めています。子供が蹴る位置を覚えるためには、親が指導者となり、踏み込むべき適切な位置を示すことが重要です。

次に、ボールへの接触点に注意を払います。キックのためには、つま先ではなく、足の先端がボールに接触することが理想的です。しかし、このポイントは体のバランスと密接に関連しています。ボールを蹴るために体を後ろに倒すと、正確さを失う可能性があります。なので、体は前傾に保つこと、そして蹴る動作は足だけで行うことを意識しましょう。

親子での練習は、子供がこれらの要点を自然に理解し、実践するのを助けるだけでなく、一緒に楽しみながらスキルを磨く絶好の機会となります。これらの練習法を取り入れて、ボールを強く、そして正確に蹴るテクニックをマスターしていきましょう。

最後に、常に安全を第一に考えて練習に取り組んでください。特に子供が蹴る力を増すときは、十分なスペースを確保し、誤って蹴ったボールが怪我や事故を引き起こさないように注意が必要です。

皆さんもぜひ、この練習法を試してみてください。

 

サッカー家庭教師が教える!相手を抜いた後のシュート成功率を上げる改善法

 サッカーは競争力のあるスポーツであり、技術の一つ一つが試合の結果を左右します。その中でも、相手選手を抜いた後のシュートは特に重要です。しかし、多くの選手がこの状況でシュートを成功させるのに苦労しています。そこで、新たな動画「サッカー家庭教師が教える!相手を抜いた後のシュート成功率を上げる改善法」が登場しました。

 経験豊富なサッカー家庭教師が、相手を抜いた後に成功率の高いシュートを打つための戦略とテクニックを詳しく解説します。具体的な練習法と、実際の試合で成功させるためのテクニックを組み合わせることで、シュートの成功率を大幅に上げることが可能となります。

ダイレクトシュートの技術を磨くための重要なポイント

こんにちは、皆さん、サッカーの世界でゴールを決めるために最も効率的な方法の一つであるダイレクトシュートについて考えたことはありますか?本日はYouTubeの一つのビデオ(リンク)から学んだ内容をまとめて共有したいと思います。

ビデオでは、ダイレクトシュートのための重要な技術的要素が2つ説明されています。一つは「ボールへの力の加え方」で、もう一つは「体の向き」です。

ボールへの力の加え方

ダイレクトシュートを成功させるためには、ボールへの力の加え方を適切に調節することが不可欠です。パスが強ければ、強く打つ必要はなく、ボールの力を利用するだけで十分です。一方、パスが弱い場合は、ボールに力を加えることが必要となります。

ここで大事なのは、ボールが向かってきている瞬間を見極め、強く蹴りすぎることなく適切に力をコントロールすることです。特に、学生選手の中には、力を十分にコントロールせずに強く蹴ろうとする傾向があるため、まずはボールをコントロールすることを先に考えるべきです。

体の向き

体の向きもダイレクトシュートの成功に重要な要素です。ビデオでは、ボールを蹴る時には、体はゴールに向けるべきだと説明されています。これにより、ボールを押し込むようなイメージでシュートを打つことが可能となり、ボールがゴールへとより減速しやすくなります。

これらのポイントを頭に入れて、練習に取り組むことで、ダイレクトシュートの技術を向上させることができるでしょう。力強いシュートを打つことが必ずしも良いとは限らず、どちらかというと、ボールの勢いをうまく利用し、力を適切にコントロールすることが重要です。

最後に、体の向きをゴールに向け、ボールの勢いを利用することを念頭に置いて練習することをおすすめします。それでは、皆さんのサッカーの技術向上をお祈りしています!

ダイレクトシュートのコツ

 

 サッカーの試合において、ダイレクトシュートはゴールを獲得するための強力なツールとなることがあります。しかし、それをうまく使いこなすには技術と練習が必要です。新しい教育動画「ダイレクトシュートのコツ」では、これらのシュートを成功させるためのテクニックと戦略を解説しています。

 

 ダイレクトシュートが何であるか、そしてそれがなぜ試合で重要なのかを詳しく説明しています。その上で、どのように効果的にダイレクトシュートを打つかについての指導を提供します。

 

 ボールのトラップ方法から始め、正しいボディポジショニング、適切な蹴り足の使用、そしてパワーと精度のバランスを保つためのテクニックまで、ダイレクトシュートを成功させるための全てをカバーしています。

 

シュートが打てない子供の改善方法:ボールの位置への注意が鍵

こんにちは、皆さん、サッカーの試合中にシュートが打てない子供達の改善策について話す今日の記事です。

ビデオの中で、シュートが打てない子供たちが直面する一般的な問題は、ボールの位置への注意が不足していることが指摘されています。具体的には、ボールが自分の体の外側にあることが、力強いシュートを打つための鍵とされています。

ボールが体の直前や足元に置かれている場合、シュートの力が足りず、打つのが難しくなります。一方、ボールが体の外側にあると、適切なステップを踏むことで力強いシュートが可能になります。そのため、ボールの位置を常に体の外側に保つことが重要とされています。

また、これはドリブル技術が向上すると、ボールを足元に置く傾向がある選手にとって特に重要なポイントです。ドリブルは重要なスキルではありますが、それはシュートを打つためのものではなく、ボールをコントロールするためのものです。シュートを打つためには、ボールを体の外側に保つことが必要で、これは自分が「鉄砲を持っている」というイメージを持つことで理解しやすくなります。

さらに、ボールをどこから受け取るかに関わらず、ボールが体の外側にあるべきであると強調されています。ボールが後ろから来たとしても、それを適切にコントロールし、体の外側にボールを置くことで、シュートが可能になります。

まとめると、シュートが打てない子供達の改善策は主に二つあります。第一に、ボールは体の外側に置くことを意識すること、そして第二に、ボールを受け取った瞬間に、すぐにボールを体の外側に置くことを考えることです。これらのポイントを意識することで、シュート力の向上が見込めます。

試合中でのシュート力向上は中盤プレーヤーやディフェンダーにとっても重要で、このアプローチを取り入れることで長距離のパスやロングキックも可能になります。これらの点を頭に入れて、是非とも自身やチームの練習に取り入れてみてください。

 

試合中なかなかシュートが打てない子の改善

 

 試合中にシュートが打てないという問題は、多くの若い選手が直面しています。これを解決するための新たな動画「試合中なかなかシュートが打てない子の改善」が公開されました。

 この動画では、若い選手が試合中にシュートを打つための自信を築くための具体的なテクニックと戦略を提供します。それは、シュートの基本的なテクニックの見直しから始まり、より精密なシュートの練習、そして試合中にプレッシャーに耐えてパフォーマンスを発揮するためのメンタルトレーニングまで、幅広くカバーしています。

また、動画は親やコーチが選手をどのようにサポートし、励まし、自信を持ってシュートを打つための自信を構築するのを助けることができるかについても触れています。特に、失敗から学ぶ重要性や、練習中に試行錯誤する価値について強調しています。

 

ゴール前でシュートが打てない子供の改善方法 – ボールコントロールが鍵

皆さん、こんにちは。今日の記事では、ゴール前でシュートが打てない子供たちのための改善方法についてご紹介します。この情報はYouTubeのビデオ(リンク)から得られたもので、実際のデモンストレーションを見たい方は是非視聴してみてください。

ビデオでは主に、ゴール前でボールを受け取ったときにもたついてしまい、シュートが打てない問題について取り上げられています。主な原因は、ボールを止めてしまい、その結果、相手にブロックされてしまうことです。これを改善するためのポイントは、ボールを「完全に止めない」ことです。

では、具体的にどうすればよいのでしょうか。まず、ボールが来たら足の親指で触り、ボールの軌道をわずかに変えて緩めることがポイントとされています。これにより、相手がついて来られないようにすることができます。さらに、この動作はボールを体の外側に送ることで、自然と体の向きをボールを転がす方向に向けることが可能になります。

次に、シュートを打つ前に一歩踏むことも重要です。これにより、左肩に重心が乗り、ボールに力を加えることができます。ただし、ここでも注意点があります。一歩踏む動作が行き過ぎてしまうと、ボールに力が加わらず、シュートの力が弱まる可能性があります。そのため、踏み込む力加減は適切にコントロールすることが求められます。

まとめると、ゴール前でシュートが打てない子供たちの改善方法は、ボールの軌道を少し変えて緩め、完全に止めないこと、そして一歩踏むことが重要です。これらのテクニックを駆使することで、ボールをブロックされにくくし、シュートの確率を上げることができます。

シュートが入らない理由は「打てないから」だと思われがちですが、それは必ずしも正しいわけではありません。ブロックされるからシュートが入らない、という可能性もあるのです。この記事のテクニックを活用し、ゴール前でのシュートの成功率を上げてみてください。それでは、ハッピーサッカーライフを!

 

ゴール前でもたついてシュートが打てないの改善


サッカーの試合でゴール前でシュートが打てないという状況は、選手だけでなく観客にもフラストレーションを与えることがあります。この課題を克服するために、ゴール前で狙ったシュートを成功させるための具体的な戦略とテクニックを提供します。これには、シュートの正確性と力を改善するための基本的な足技から、高圧力状況下でのシュート精度を高めるための心理的な戦略まで、幅広いトピックが含まれます。

 ゴール前での正確なシュートを打つための基本的な足技とボールコントロールについて説明します。次に、プレッシャーの中で冷静さを保ち、正確なシュートを打つためのメンタルスキルについて詳しく解説します。

2024.2月 追記

低学年のお子さんを持つ親御さんに、親子で楽しみながらサッカーを練習するためのコツを紹介しています。

まずは、ボールを蹴るときの「踏み込みの位置の修正」から意識していきましょう。

ポイントとなるボールを真横ではなく少し後ろにおくこと、身体が後ろに反らないように注意しながら行うことも大切です。

より強くボールを蹴ることができるようになります。

サッカーで相手を抜けてもシュートが打てない問題も、ボールを運んだあとに体の向きがゴールの方向に向いていないことが関係しています。

最初は上手くできずとも練習を繰り返していくことで自然とできるようになります。

ダイレクトシュートも、ボールへの力の加え方を適切に行う事、最後に体の向きをゴールに向けたあとに、勢いを利用しつつ練習できるようにしていきましょう。

シュートの打てない子ども向けに、戦略やテクニックも紹介していますので参考にしてください。

親子でサッカーを楽しんでいきましょう。

追記:2024年4月11日

小さいお子さん。幼児や低学年大胡さんは体の小ささという点からも
キック力が弱いです。

中には体の大きさに関係なくキック力のある子もいたりします。
ただ、何を言っても「個人差」というものがあるのも事実です。

あくまで成長の差という部分も踏まえながら、まずは正しいフォームを着実に身に着けて反復していく
そうすることで、怪我無く、しっかりとキック力のある選手へと成長していくことができます。

子供たちのサッカーの上手い下手というのはキック力だけの問題ではありません。
まずは正しく、ボールの中心を蹴り、今ある最大限を引き出し続けること

これが大切です。
サッカーはマラソンと同じです。焦らずじっくりと正しくやっていくことで
本当の意味でプロの選手になるかならないか。という視野も見えてきます。
まずはお気軽にご相談ください。
谷田部

 

関連記事

  1. 【サッカー】ドリブルで抜くコツ

  2. サッカーでシュートが上手くなる蹴り方

  3. 【谷田部にzoom直接相談会】

  4. 【サッカー】ポジショニングの基本

  5. 【低学年必見】シュートする際のコツと練習方法について解説!

  6. 【サッカー】パス精度を上げるには…