小学校5年生-セレクション対策→J下部2つにW合格

状況

学年:5年生
サッカー歴:幼稚園から
期間:1回のレッスンのみ
頻度:1回のレッスンのみ
性別:男の子
依頼内容:セレクションに最終まで残るがなぜか合格までいかない
担当:谷田部

相談内容

J下部のセレクションで最終まで行って
2人にまで絞られても受からなかった。
調子も悪くなかったのに落ちた”原因がわからない”
あと一歩の理由を知り次のセレクションで合格をしたい。
というお父さんからのご相談

改善内容

上の学年でプレーしているというお話どおり
基礎スキルやパワーや体つきなども悪くはありません。
むしろ同学年であれば一人でこなせてしまうという印象。

判断力や判断をするために見るべきもの
見る方法、判断するための優先順位

そのための足元の技術や守備戦術など

【結果】
結果的には2つのJ下部からお誘いがありました。無事合格することができました。

この案件のポイント

一回で改善出来てしまった例です。

前年で足りなかったものは何なのか?

 

それはボール技術でもなく、むしろ「姿勢」と「頭の中」

ちまたでいう「判断力」でしょうか。

 

これは一目見て、分かった典型的な例でもあります。

 

判断力をつけるために必要なものすべてを、一回で詰め込みました。

あとはチームの練習やスクールの練習で意識付けしてやること。という宿題。

 

一回のレクチャーでしっかりと入ってしまった特別な例です。

しかもJ下部2つの合格をその年で出来たというわかりやすすぎる成功例です。

最新情報をチェックしよう!
>最強のプロコーチが送る至福の時間

最強のプロコーチが送る至福の時間

完全現場主義のプロコーチがサッカー家庭教師メソッドでお子様の改善点と改善方法を提示し、その場でみるみる上達させてみせます。

CTR IMG