サッカーのシュートを「左足」で決めるための基礎練習方法

【コツ】入るシュートには欠かせないボレーキックのコツ

シュートには欠かせないボレーキックのコツを動画にて解説しています。
ボレーキックはできない方が多いのでコツを身につけるだけで、シュートがきめやすくなります。
できない方が多いということは、キーパーもボレーキックに対する対策ができていないことがしばしばあるからです。
ラジオ体操を用いた体の使い方や間違った足の使い方を解説しているので、ボレーキックを身につけて、左足でもシュートを決めたいという方は、動画をみながら練習をしてみましょう。

2024.2.12に最下部に追記
【動画URL】

【コツ】左足を活かしたシュート蹴り分けのコツ

左足を活かしたシュートの蹴り分けのコツを紹介しています。
サッカーのシュートは左足も使えるようになると、キーパーが戸惑ってしまい身動きが取れません。
初心者がやりがちな、まっすぐなシュートだとキーパーに動きが予測されてしまい、シュートを決めることが困難となってしまいます。
このようなことを防ぐためには、左足を活かしたシュートの蹴り別けのコツを知ることが大切です。
動画では、左足だけではなく右足を活かしたシュートの蹴り別けのコツを紹介しています。
マイクアクシデントと豪雨のため、音声が聞き取りづらい場合があります。

【動画URL】

【自主練】トップスピードシュートのミスを減らす

トップスピードでのシュートのミスを減らす方法について解説しています。
トップスピードの問題点としては、ミートしきれないことです。
トップスピードシュートの対策をしていないと、ボールのスピードに応じたコントロールが疎かになってしまいます。
動画では、トップスピードシュートでボールが届かない原因や改善方法を紹介しています。
難しそうと感じてしまいますが、シュートに対しての考え方を変えることで、左足でもトップスピードでもシュートが打てるようになります。

 

【動画URL】

【改善】シュートですぐ転ぶを改善

低学年によくありがちな、シュートですぐ転ぶことを改善する方法をまとめています。
シュートで転んでしまうと、怪我のリスクが増えてしまうので、この改善方法を知ることで、シュートで怪我をするリスクを減らすことができます。
左足や右足といった利き脚に応じたクロスステップを応用すると、シュートですぐ転ぶことを改善できます。
やり方が難しければ、動画をみながら練習をして、シュートですぐ転ぶところを改善していきましょう。

【動画URL】

【改善】シュートのとき大振りしちゃう子の改善

シュートのとき大振りしてしまう子の改善方法をまとめています。
シュートで大振りをしてしまうと、腰を使ってしまい、負荷がかかるので、腰を痛めてしまうリスクがあります。
また、無駄なひねりでさらに腰にダメージが入ってしまい、キーパーに取られやすいシュートになってしまいます。
大振りをするとかっこいいという考えを直すことで、腰に負荷がかからないシュートをマスターすることができます。
左足のシュートでつい、大振りしてしまい腰を痛めてしまった方は動画を参考にして、大振りシュートの改善をしていきましょう。

【動画URL】

【自主練】シュート力がアップする簡単練習

【動画URL】

低学年や初心者に向けたシュート力がアップする練習方法を紹介しています。
低学年や初心者は、大きく振りかぶるクセがあるので、足がボールに追いつかず、シュートを決めることが難しくなってしまいます。
動画では、コンパクトにシュートを決める方法を解説しているので、シュート力を上げたい方は要チェックです。

【自主練】シュートで点が取れる練習方法

シュートで点が取れる練習方法を、悪い例を動画で実践しながら解説しています。
いい例も実践しているので、動画をみて比較しながら練習をしていきましょう。
ボールに対する体の向きを意識することで、シュートで点を取ることができるようになります。

【動画URL】

【自主練】イングランド式シュートの練習方法

イングランド式シュートの練習方法を解説しています。
この練習方法は、親子で練習できるかつゲーム感覚で楽しめるやり方です。
動画ではなかなか決められないヤタベの姿もみられます。
親子でルールを決めて、イングランド式シュートをマスターしていきましょう。

【動画URL】

【自主練】友達とできるシュートの練習方法

友達とできるシュートの練習方法をまとめています。
シュートの練習のコツとしては欲望を抑えてボールをコントロールすることです。
ミートする練習をすることで、シュートのチャンスを掴むことができるようになります。

 

【動画URL】

【コツ】シュートを打つタイミング向上のトレーニング

シュートを打つタイミング向上のトレーニングについて解説をしています。
シュートに対しての正しい判断やスピードをコントロールする方法についてまとめているので、シュートを打つタイミングで悩んでいる方は動画を参考にしながら練習をすることで、正しいタイミングやコントロール方法をマスターすることができます。

 

【動画URL】

【まとめ】

左足でシュートを決めるための練習方法について解説しました。
基本的には、大振りをしない、コントロールをすることがポイントとなります。
シュートで大振りをしてしまうと、腰を痛めてしまうだけではなく、キーパーに止められやすいシュートになってしまいます。
左足でシュートを決めたい方は動画を参考にしながら、シュートを練習しましょう。

2024.2.12追記

左足でシュートを決めたい。逆足でゴールを決めたい。
もちろん練習は必要ですが、コツというのは常にアップデートされています。
上記で紹介されている動画は、それなりに古く谷田部の個人レッスンでは常にアップデートされています。
こうした基本的な部分をより簡単に習得させられるようにするメソッドを常にご消化しているのが
サッカー個人レッスンのプロ:サッカー家庭教師谷田部です。

最新の動画を常にチェックするのはもちろんですが、常に現場でアップデートされ簡単に習得できるメソッドが生まれています。

次はあなたで新しい改善方法が生まれるかもしれません。

関連記事

  1. サッカーでキーパーが動けないシュートを決めるには

  2. 【サッカー】浮き球のトラップ

  3. 小学校3年生-攻守の切り替えとオフザボール(ポジショニング)

  4. サッカーロングシュートの蹴り方とコツ

  5. 【サッカー】メッセージ性のあるパスの出し方は?パスの種類やもらい方について解説!

  6. 臨時出張ドリブル塾