サッカーでのFW(フォワード)のポジショニングと動き方のコツとは

サッカー個人レッスンのプロ
谷田部です。
サッカー家庭教師として日々現場で奮闘しています。

毎日のようにサッカーのご相談を受けていると
FW(フォワード)の動き方やポジショニング、マークの外し方
裏の抜け方などの相談を数多くもらいます。

もちろんゴールを決める。というのが最も重要な仕事ですが
その前のポジショニング。というのがどうしてもチームの監督やコーチから指摘をされる。
という相談者が多いのが現状です。

サッカーのFWのポジショニングの基本とは?

まず、FW(フォワード)のポジショニングの基本は、ゴールに近いところに取る。
ゴールから逆算して動く。
ということです。

当たり前じゃないか。という声が聞こえてきそうですが、これが実は本当に重要なのです。

味方チームが攻められている場合に、パスがなかなかこない。
という場面で、ボールが欲しいあまりに下がってしまうFW(フォワード)の選手がよくいます。

一見、味方のフォローのつもりなのかもしれませんが、実はこれが非常にダメな判断なのです。
なぜなら、自分をマークしているDFの選手はFW一人に対してマンマークDFとカバーリングのDFという形で
FWの人数よりも一枚多く残っているのが基本です。

FWが一人でも下がると相手DFが平気で上がって来られるようになってしまう。
という気の利いたつもりのポジショニングの変更が味方の迷惑になるようなリスクを生み出す結果になってしまうことが
サッカーのセオリーには存在するのです。

ゴール前でのポジショニングはどうしたら良いのか?

ゴール前では常にボールが来たら、打てば入る。というようなポジショニングが理想です。
そのため、相手ゴールに背を向けてもらうとそれは”身体の向きが悪い”と言われます。
そしてボールと同サイドでもらおうとしてもゴールにもうひと手間ターンの手間がかかりシュートまでが遅くなります。

基本としては下の図を参照にして欲しいのですが、
ボールをもらった瞬間にボールを打てるようなポジショニングはセンターラインを挟んで対角に取る
そうするとボールが来た時に身体の中心がゴールに自然と向く形になります。

この形を常に意識するとゴールを取りやすく。そして味方もフィニッシュのパスを出しやすくなります。

この動きができるとシンプルに相手DFもボールを見たい。という心理が働くので
相手DFからも自然と捕まえづらい”死角”に入りやすくなりマークを外す動きにもなってくるので
ゴール前で相手との駆け引きにも使える基本の動きとなってきます。

センタリングシュートでニアに飛び込む選手もいますが、ファーサイドのイメージでは
オーソドックスなポジショニングとなってきます。

フォワードのポジショニングは常に相手との駆け引き

フォワードの動きはどちらかというとオフザボール
ボールがない時の時間で色々と相手DFと駆け引きをすることが重要になります。

一番わかりやすいのが、ボールを持った味方選手のためにボールを持たずしてどのようにしたら役に立てるのか。
これを考えること。これが一番オフザボールでは重要になります。

相手DFの目線を自分に向けさせるために、ボール保持者と逆に動いてみたり、裏に抜ける動きをしてみたり
相手の目線を自分に向けることで、ボール保持者が一瞬の隙をついて相手を崩すドリブルやパスを成功しやすくなります。

ポジショニングとは自分が得点を取るだけでなく、味方のために囮になる動きも含まれてくるのがこのFWの動きとしては求められてきます。
ただ、得点を取る。ということはもちろん大事ですが、それ以外の形での貢献も日本の場合は重要視されがちなのも日本特有な気がします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
フォワードを初めてやってみるとゴールに近く、より簡単そうにゴールを取れそうですが、
実はやればやるほど奥が深く難しい、、、と感じる方が多いのも特徴のフォワードの動きとポジショニング
日本では得点力不足を常に言われるほど、フォワードの動きは確立していないのも事実です。

だからこそ、こうした基本の考え方すら地域レベルにでは届いていないことも多々あります。
勉強熱心な方だからこそこの記事にたどり着いて頂けたというご褒美感覚でぜひゴールを量産して欲しいと思います。

2024.5月追記

フォワードは、とにかく点を取るためのシュートを決めることが重要です。最前線であり、ゴールの一番近い場所でプレーをするために、シュートする機会が一番多いのはフォワードの特徴です。

自分で点数を決めるという強い意志を持つこと、時には自己中心的に見えるプレーが求められることもあります。

あとはポストプレーでしょう。最前線にいるフォワードが、ゴールに背を向けた状態になり、ディフェンダーを背中に背負ってボールを受けるプレーのこと。

フォワードがボールをキープ出来れば、攻撃のバリエーションを増やすことにもなります。フォワードは、身体的な強さはもちろん瞬発力も求められるポジションです。

とても奥深く、一筋縄ではいかないのがフォワードの特徴ともいえます。

実際にやってみると難しいと感じることも多いポジションです。フォワードの楽しさややりがいを存分に感じてください。

サッカー個人レッスンのプロ
サッカー家庭教師
谷田部真之助
https://soccer-kateikyousi.com/

関連記事

  1. 簡単に言えば谷田部は「サッカーの修理屋さん」

  2. 【足技で差をつける】実践で使えるドリブル技と練習方法を紹介!

  3. 本人が持っている力を周囲にわからせる個人レッスンです。

  4. 初心者でもできる!サッカーでシュートを浮かせない方法を徹底解説

  5. サッカーでキーパーが動けないシュートを決めるには

  6. 【サッカー】やってほしいシュート練習