【サッカー】試合でゴールを量産!3つの練習方法と5つのコツ

「ゴールをたくさん決めてチームに貢献したい」

「決定率が全然ない」

「シュートの正しい練習方法がわからない」

 

このような悩みはありませんか?

 

試合で何本もシュートを打っているのに、枠外やキーパーの正面にボールが飛んでいき、なかなか点数が入らないなんてことは避けたいですよね…。

 

そこで本記事では、以下のことについて解説していきます。

 

  • シュートの練習方法3選
  • シュートで効果的なコツ5選

 

シュートを量産して、チームで活躍できる選手になりたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

サッカーの試合でゴールを量産するシュートの練習方法3選

シュート練習をする際には、できるだけ試合の状況に近づける必要があります。

 

そのため、あらゆる状況からシュートを打つ練習をします。

 

ここでは、以下の3つのシュート練習について紹介します。

 

  • カットインシュート
  • バルサ式シュート
  • ワンバウンドシュート

 

それでは詳しく解説していきます。

 

1:カットインシュート

 

マーカーをゴールから斜めに設置し、カットインからシュートを打つ練習です。

 

カットインシュートは名前の通り、サイドで敵ディフェンスをカットインして交わし、シュートを打つという力を養います。

 

意識する点としては、カットイン後はできるだけ素早くシュートを打ちましょう。

 

試合では敵を交わした後でも、すぐにカバーする敵が来るため、ゆっくりシュートを構える時間はありません。

 

2:バルサ式シュート

 

ゴールに背を向けた状態でボールを真上に高く上げ、そのボールをワンタッチで振り向くようにトラップをし、シュートを打つ練習です。

 

バルサ式シュートは、高く浮いたボールをワンタッチで正確にトラップし、シュートを打つという技術を養います。

 

意識することは、とにかくファーストタッチの質を高めることです。自分がボールを蹴りやすい位置にトラップをしましょう。

 

3:ワンバウンドシュート

 

ゴールに向いた状態から、ボールを斜め前に上げ、ワンバウンドした瞬間にシュートを打つ練習です。

 

ワンバウンドシュートは、ボールが浮いていて不安定な状況でも正確にシュートを打つ技術を養います。

 

意識する点としては、シュートしたボールを上に浮かせすぎないことです。

 

ワンバウンドしている状態でも、できるだけボールを浮かさずに、ゴールの枠内に正確にシュートしましょう。

 

サッカーで効果的なシュートのコツ5選

シュートで効果的なコツとして、以下の5つがあります。

 

  • ボールに向かってまっすぐ走る
  • ひざ下を素早く振り上げてボールを蹴る
  • 足を前に振り上げる
  • 助走のスピードを落とさずにボールを蹴る
  • 体をリラックスさせる

 

それでは詳しく解説していきます。

 

1:ボールに向かってまっすぐ助走する

 

シュートをする際、ボールに向かってまっすぐに助走することで、助走の力を最大限に使って力強いシュートができるようになります。

 

よくある間違いとしては、斜めからボールに向かって助走することです。

 

ボールは前に蹴るので、斜めから助走をするとボールに強く力が伝わりません。

 

2:ひざ下を素早く振り上げてボールを蹴る

 

ひざ下を素早く振り上げてボールを蹴ることで、より力強いシュートが打てます。

 

ももから大きく足を振り上げるのはNGです。

 

ももから大きく振り上げると、足をすばやく振り上げられず、上手く力をボールに伝えることができません。

 

また、無理に足の可動域を広げてしまい、怪我につながる可能性があります。

 

対してひざ下はすばやく動かせるため、強いシュートを打つのに有効的なのです。

 

3:足を前に振り上げる

 

シュートを打つときは、足を後ろに振り上げるのではなく、前に振り上げる意識をしましょう。

 

実際にやってみればわかるのですが、足を後ろに振り上げるよりも、前に振り上げたほうがよりボールに力が伝わります。

 

4:助走のスピードを落とさずにボールを蹴る

 

助走は、体を前に走らせて得た力を、そのままボールに込めるというのが本来の目的です。

 

そのため、踏み込むことを意識しすぎて助走の力を弱めることは本末転倒なのです。

 

助走の力を弱めないために、前に走り抜ける意識でボールを蹴りましょう。

 

5:体をリラックスさせる

 

体がガチガチな状態よりも リラックスした状態のほうがより強いシュートが打てます。

 

例えば、腕をガチガチに固めてパンチをするよりも、脱力してパンチをしたほうがより強い力が出ます。

 

シュートを打つときはできるだけ体の力を抜き、リラックスさせましょう。

 

【参考動画】

https://youtu.be/fCzAkBp9U9o?si=_GSyeQrogSWDwo09

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では、シュートの練習方法とシュートの効果的なコツについて解説しました。

 

シュートはサッカーにおいて直接的に得点につながる最も重要な要素の一つです。

 

ぜひこの記事で紹介した練習方法やコツを実践して、試合で活躍できる選手になってほしいと思います。

関連記事

  1. 理解してやるかどうかで練習が劇的に変わる3つのこと

  2. 【サッカー】シュート精度

  3. 【サッカー】ミドルシュートの基本的な蹴り方とその応用

  4. 【低学年必見】シュートする際のコツと練習方法について解説!

  5. すべての基本!?ボールタッチを極めよう!

  6. サッカーで使うシュートの”技”10種一覧