【サッカー】実戦で使えるドリブルの練習法を解説!コツとポイントを覚えるだけで上達します。

サッカーには大きく分けてFW、MF、DF、GKの4つポジションがあり、攻撃型ポジションのFWとMFにはパスの精度やドリブルの突破力が求められることもあります。

ゴール前で1人抜くと得点が決められた、仲間にパスが出せたという場面も少なくないはずです。

 

そこで、今回は実戦で使えるドリブルの練習を紹介していきます。

3パターンに分けているのでもっとスキルを伸ばしたい方やレッスンプロの自主練を取り入れたい方は練習動画を参考にしてみてください。

トップスピードで正確に真っ直ぐ進む練習

カラーコーンを使用したり直線のラインの上で練習できる練習方法になります。

カラーコーンを使用する場合は真っ直ぐにゲートを作り、スタート位置を決めてカラーコーンの間をなるべく速いスピードでドリブルします。

最初のカラーコーンを通過する時にはスピードに乗った状態が良いのでスタート位置はやや離れた場所に設置しましょう。

 

最初はゲートの隙間を広めにしてクリアできたらどんどん狭くしていく練習です。

まずはコーンを倒さずに通り抜けていく正確性が大切です。

 

慣れてきたらゲートを狭くしたり、ドリブルのトップスピードを上げていき難易度を上げていきましょう。

基礎となる真っ直ぐなドリブルを通したい場所へ通せることがポイントです。

細かなステップやアウトサイドでのコントロールを取り入れると練習の質も向上していきます。

 

ローリングでボールコントロールする練習

体の中心にボールを置き、体から離さない形で左右にロールする場合はボールのスピードが低下してしまいます。

なので、ボールをロールする時は少し体から離して足のつま先部分でコントロールしましょう。

ボールの上を足の裏全体で触ってしまうと足の振れ幅が小さくなり敵を交わすことを想定した時に交わせず相手に当たってしまうことがあります。

 

ボールコントロールのコツはドリブル中に急な方向転換や相手に当たりそう、奪われそうな時に止められるかがポイントです。

まずはゆっくりで良いのでボールを体から少し離したところへ置き、つま先でコントロールすることが重要です。

ボールを離した場所でコントロールすることができるようになると、相手を交わしやすくなったり、ドリブルに繋げるテクニックの選択肢が増えていきます。

 

 

スピードとコントロールを組み合わせた練習方法

 

上記で紹介したスピードを上げたまま正確に真っ直ぐドリブルする練習とボールコントロールを組み合わせた練習方法になります。

 

カラーコーンなどでゲートを作り、途中に角度を作ってローリングの練習で意識したつま先でのボールコントロールでゲートの間を通します。

ロールという縛りはなくなるべく早く通過することを意識するので、角度がついた場所はアウトサイドを使用しても大丈夫です。

なるべくコーンに当てないように、倒さないように徐々にスピードを上げていくと体が慣れていきます。

 

スピードを上げてボールコントロールするコツ

実際の試合では、直進しているドリブルの真正面に相手がいる事が少なく、横から足が伸びてくることが多いです。

サッカーでは各プレーの最中に考える時間もないので体に染み付くまで反復練習し思考と体を慣れさせておくと自然とトップスピードが上がりドリブルが上達します。

 

三苫選手のようなドリブルとは?

三苫選手はプレミアムリーグの中でもドリブル回数が多かったりプレミアリーグにおいて、日本人シーズン最多記録にも名前が上がるようなストライカーです。三苫選手は細かなステップやタッチも得意ですが、サイドからのドリブルも印象的ですよね。そんな三苫選手のようなドリブルを紹介します。

 

細かなステップから左右にボールを蹴り出し相手よりも速いスピードでボールに追いついてパスやシュートに繋げる場面が多いです。

自分の利き足やポジションによって、ボールをどちらに出すか変わりますが細かなタッチで敵との間合いを測って仕掛けます。

インサイドとアウトサイドどちらでもできますが、アウトサイドで間合いを詰める方が一歩めの初速が速いので参考にしてみてください。

 

まとめ

ドリブルの基礎として真っ直ぐ進むための練習から相手を交わす動きや方向転換にも使えるボールコントロール、2つを組み合わせた練習法を紹介しました。

 

ドリブルで大切なことは自分の思い通りにボールをコントロールすることがポイントです。足が速くても相手の足が届かない場所にコントロールできないとブロックされてしまうので、まずは足のどこにボールを当ててドリブルすればコントロールできるのか確認しましょう。

その後、徐々にスピードを上げていくと結果にも繋がってきます。

紹介している動画の練習を自主練として取り組んでみてください。

2024.6月 追記

サッカーにおけるドリブルとは、自分の思い通りにボールをコントロールすることです。基本技術として知られていますが、最初からスピードを出そうと思ってもできるものではないので、ボールのコントロールを正確に出来るように進めたうえで、徐々にスピードアップを目指します。

そもそもドリブルは、相手ゴールに近づくだけが目的ではありません。相手が自分のエリアに攻め込んできたときに窮地を抜けるためにもドリブルが役立ちます。

サッカーはドリブルが上達すればもっと楽しくなります。

試合のような実践型のドリブルでは、相手の選手が立ち塞がり思うように進めなくなります。そのため、相手がどこにいるのか、どこにボールを動かしたらいいのか動きを意識した練習を行う必要があります。

できるだけ、次のプレーが相手に予測されないようにするためにも、動きを見てバランスに対して逆の動きをできるようにすること。相手を意識しないと、実践的なドリブルはできません。

ドリブルについての相談も、谷田部にご依頼ください。

 

関連記事

  1. 逆足の蹴り方 最短15分で蹴れるようになる方法-個人レッスン

  2. シュート力を上げたいときの足の使い方

  3. 【サッカー】シュートの種類を詳しく解説!練習中、意識するだけで上達します。

  4. サッカーの上手い子は「見た目」からして上手い

  5. ゴールへの近道!「入る」シュートコースとトレーニング

  6. 【サッカー】初心者はまずベストなシュートフォームを身につけよう!