【サッカー】ドリブル練習方法

サッカーにおいて重要なテクニックのひとつであるドリブル。

ネットでも沢山の練習法を見ることができるこの世の中、あまりにも数が多すぎて自分に合ったドリブル練習が分からなくなることはありませんか?

今回は低学年向け、初心者向け、令和最新版のドリブル練習法をご紹介します。

【低学年向け】ボールを2つ使ったドリブル

通常のドリブルの場合、1つのボールに囚われて視野が狭くなり、周りを見る事ができなくなってしまいます。

そこでボールを2つ使ったドリブルを使うと、嫌でも足元や周りを見るようになり、視野を広げるための目のトレーニングにもなるのです。

サッカーを始めた早い段階でこういった練習をできるかどうかがその後の成長に影響を及ぼします!

ポイント:周りを見ながら視野を広く持ってドリブルする

 

はじめは歩きのドリブルからで構いません、ボール同士がぶつからないのがベストです。

慣れてきたら走ってドリブルをしましょう。この時に周りを見ながらドリブルするのが大事です。

ボール1つに捉われず、周りを見る事を意識する事で視野が広がります。

 

ボール2つでドリブルが出来るようになったら、次は3つに挑戦してみましょう。

ポイントは3つの内どのボールのスピードが遅いのかを瞬間的に判断する事です。上の画像の場合は

赤丸のボールのスピードが遅く、一番手前にあるのでこのボールを蹴り出します。

 

一度ドリブルをする度にボールの位置は変化するので、その都度判断する必要があります。

かなり難易度は高いですが、同時に様々なものを見ないといけないので目のトレーニングとして

効果抜群です!

 

https://youtu.be/V9J-xqXYjsE?si=EWjJoBQAOOzyuXuA

【初心者向け】ボールタッチを意識したドリブル練習

サッカー初心者の場合、ドリブル練習で意識するには足のどの部分でドリブルをするのか、

ボールのどの部分をタッチしてドリブルをするのかを正しく知ることです。

正確な位置をボールタッチしてドリブル練習をしてみてくださいね!

 

ポイント①インサイド・アウトサイドは親指と小指の脇の部分で触る

インサイド・アウトサイドのタッチは親指の部分で、アウトサイドは小指の部分で触れるように

タッチすることを意識してください。

初心者の方はスパイクの側面のブランドマークの部分でインサイド・アウトサイドのタッチを

している人が多いので注意してくださいね。

インサイド・アウトサイドのボールのタッチする位置

ボールを正面から見て、少し下の赤点の所をインサイド・アウトサイドでタッチしてください。

人間の顔でいうとアゴのあたりと考えるとイメージしやすいと思います。

ポイント②インステップ滑り下ろすように触る

インステップの時は靴ひもの上(足の甲)あたりでボールの中心よりも上のあたりを触りましょう。

大事なのは写真のようにボールを滑り下ろすように触ることです。

忍び足で歩くことを意識してドリブルをしてみてください。ボールが思い通りに動くようになります。

 

インステップのボールの触る位置はここ

ボールを顔として考えるとタッチする位置が分かりやすいと思います。

顔で言うアゴ、アゴ、眉間の部分を上から撫で下ろすようにタッチしてください。

https://youtu.be/avUK-P0fVtE?si=aGj57KyeFyvabCU2

【令和最新版】新ドリブル練習方法

新しいドリブルとはボールタッチのやり方が今までとは違います。

ここではそのボールタッチの練習法を紹介します。

ここが新しいポイント!!反対側の足でガードするようにドリブルする

従来のドリブルと違い、軸足が前にある事で相手からボールをガードできるというメリットがあります。

また軸足よりもボールが後ろにあることで1on1の時にフェイントをかけやすくなります。

ポイント 中指から小指までの3本で触る


ポイントは
中指から小指までの3本で触る事です。

またボールを斜め下に切る感じで動かしましょう。

2点を意識してドリブルすることでボールが螺旋状に回転し、

足にまとわりつくような動きになります。

そうすると自然にボールがついてくるようになります!

正面から見るとこんな感じです。

 

練習法 円を描くようにドリブルする

真ん中に人かマーカーを置いてその周りをドリブルしながら回る練習です。

この時も中指から小指までの3本でタッチして、ボールを斜め下に切る感じで動かしましょう。

 

そうするとボールは螺旋状に動くのでうまく円を描きながらドリブルできるはずです!

また反対の足で逆回りも練習してみましょう。

 

https://youtu.be/t7V9vXFVUMo?si=KD6rEE9i9qcSWktq

 

まとめ

本記事では低学年向け、初心者向けの他に令和最新版のドリブル練習法をご紹介しました。

低学年の方は視野を広く持ってドリブル練習する事で今後の成長に繋がります。

初心者の方は正確な位置をボールタッチする意識を持って練習することが大事です。

 

またドリブルは時代が進むにつれて、どんどん新しい技術や練習法が登場しています。

是非取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

関連記事

  1. 本当に上手い子は「技術」よりも「メンタリティ」が違う

  2. 【サッカー】リフティング徹底攻略

  3. 【サッカー】ドリブルの基本と改善

  4. 【サッカー】メッセージ性のあるパスの出し方は?パスの種類やもらい方について解説!

  5. チーム内のいじめっ子?弱い者いじめ?暴言?悪ガキ?との関わり方と解決撃退方法

  6. 【足技で差をつける】実践で使えるドリブル技と練習方法を紹介!