【サッカー】ドリブルで抜くコツ

【サッカー】ドリブルで抜くコツ

 

ドリブルはサッカーにおいて相手を抜き去るための基本的で且つ非常に重要な技術です。

今回は、ドリブルで相手を効果的に抜くためのコツやテクニックを紹介します。

これをマスターすれば、実戦でも自信を持ってドリブルができるようになります。

【練習法_基礎編】

まずはドリブル基礎編です。

基礎が身に付いていないと相手を抜くことは出来ません。

毎日練習して基礎を体に染み込ませましょう。

 

基礎の1つ目は”ドリブルで足を前に出す”です。

ドリブルをする上で足を前に出すことが大事です。

足が前に出ているとボールと足の位置が近く、相手に取られにくくなります。

練習方法としてはボールを持ってもらい、両足10本ずつボールを蹴りましょう。

この時、足は真っ直ぐボールを蹴ることが大事です。

これだけでもドリブルで足の位置が変わりますよ。

低学年。幼児にも!速攻上手くなるドリブルの練習方法 #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法

 

基礎の2つ目は”ドリブルの時は周りを見る”です。

ドリブルの時にボールしか見ていなかったら相手に取られてしまいますよね。

ドリブルをする上で周りを見ることは非常に大事です。

周りを見ることで相手やチームメイトの位置も確認しながらプレーすることで、次の動きがスムーズになります。

練習方法としてはボール2つでドリブルしましょう。

 

最初は歩きながらでも大丈夫です。慣れてきたら走ったり、顔をあげてみましょう。

自然とドリブルの時に周りが見えるようになってきますよ。

低学年でやってほしいドリブル練習 #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法

 

【練習法_実践編】1軸(1足)でのボールタッチ

よくあるのが、大体シザースなどのフェイントをやれば抜けるだろうと思っている方が多いです。ドリブルで抜くには体の向きと相手の駆け引きだけで十分抜けます。

体の向きを素早く動かすには2軸(2本足)よりも、1軸(1本足)の方が早く動けます。

ドリブルで抜くコツの1つは”2軸(2本足)よりも1軸(1本足)”です。

両足が地面に着いている時間を極力減らすことが非常に重要です。

練習では1本の足でボールを動かすことを意識しましょう。

また、普段からボールを持っている時はできるだけ片足時間を意識しましょう。

ポイントとしてはボールを触って、次に足を地面につく時は逆足でボールを触るようにすることです。片足は必ず浮いていたいですね。

 

最初は難しいですが、ボールタッチの感覚を覚えるためにも日頃の練習から意識して下さい。

タッチというよりはひきずるイメージです。

自分のリズムで音楽を奏でるようにドリブルできるかどうかが最大のコツです。

 

体勢を崩さないバランスやボールの置く位置もポイントとなってきます。

相手に取られない、次のアクションに移せる位置にボールを置きましょうね。

バランスやボールを置く位置も練習から意識して体に染み込ませましょう。

 

1軸(1本足)で自分のリズムでドリブルができれば、体の向きと相手の駆け引きだけで十分抜けます。

 

相手を抜くドリブルのコツ #サッカー自主練 #サッカー親子練習 #サッカー上手くなる  #サッカー上達方法

 

【練習法_実践編】幻のドリブル

幻のドリブルって何だ!?ってなりますよね。でも、非常に大事なんです。

 

ドリブルで抜けない方は、相手に来られて焦ってしまいボールを取られてしまう。という方が多いです。そういう方はドリブルは”ボールを前に運ぶ”という意識が有ります。

相手は前に来たらボールを取りに来ますから、ただボールを前に運ぶだけでは中々抜けません。

 

そういった方は前に運ぶだけでは無く、”進まないドリブル”を取り入れ緩急を付けましょう。

ドリブルで抜くコツで緩急は非常に大事です。ポイントとしては相手には”走っているように見せる”ことが大事です。走っているようだけど、空走りをしている状況です。これが幻のドリブルです。

 

練習ではボールを置いた状態で、ボールは動かさず体だけを動かすように意識しましょう。

大事なのは空踏みをすることです。

実際にボールは動いていないので、身に付けられれば実戦でも焦らずプレーできますよ。

サイドで簡単!相手を抜くためのドリブル!

 

【改善策】実戦でドリブルで抜けないのは。。。

いろいろと練習をしても「実戦で相手を抜けない」という相談を受けることがあります。

実戦でドリブルがうまくいかない原因はいくつか考えられますが、多くの場合、練習では出来ているが試合になると出来ない。という子が多いです。

 

まず、実戦では練習と違って相手の動きに対応する必要があります。

そのため、練習では身に付けた技術を実戦で活かすために、1対1やミニゲーム形式の練習を多く取り入れましょう。

実際の試合を想定した状況で練習することで、プレッシャー下での冷静な判断力や、瞬時に適応する能力が向上します。

 

【実戦で使えるドリブル】

 

実戦でドリブルを成功させるためには、練習で得たテクニックをどのように使うかが重要です。

以下のポイントを意識して試合に臨みましょう。

 

タイミングを掴む

ドリブルで相手を抜くためには、正しいタイミングを掴むことが非常に重要です。

相手がバランスを崩した瞬間や、ディフェンダーが動き出す前のタイミングで仕掛けることがポイントです。

練習時から自分のリズムやタイミングを体に染み込ませましょう。

 

自信を持つ

 

自信を持つことが何より大切です。

練習を重ねることでスキルが向上し、自信がついてきます。

焦らず落ち着いてプレーすることが何よりも大事です。

 

【まとめ】

以上が、サッカードリブルで相手を抜くための基本的なコツとテクニックです。

最初は難しいかもしれませんが、これらのポイントを意識して練習を重ねることで、確実にスキルが向上するはずです。

ドリブルで抜くのはサッカーの”華”ですから、是非たくさん練習を重ね実践で活用して下さい。

関連記事

  1. 【サッカー】ドリブル練習②

  2. サッカーの守備を上手くする知識と技術的考え方

  3. リフティング4つのコツ

  4. 東京以外も博多・仙台など個人レッスン動き始めています。

  5. シュートが枠内に飛ばない…。大きく外してしまうシュートの改善!

  6. サッカー下手な小学生を上手くする方法