【サッカー】 キックを飛ばす方法



サッカーで、キックを飛ばすことは非常に重要なことです。遠くに飛ばすことで新たな展開、チャンスに変えることができます。今回は、飛ばす為の基本的な練習方法やコツなどをお伝えします。ぜひ、最後までご覧ください。

ロングキック

フィードやシュート、クリアなど守備はもちろん攻撃でも使用する基本技術の1つです。うまくいけばロングキック1本でビッグチャンスを迎える可能性もあります。一方で、なかには思ったようにロングキックが蹴れない、遠くにボールが飛んでいかないという方もいるでしょう。そこでこの記事では、ロングキックの種類やボールを蹴る場所、軸足の位置、キックのフォームのポイントなどについて解説します。

 

ロングキックには3種類あります。

  • 山なりのふわっとしたロングキック
  • 地面を這うようなグラウンダーのロングキック
  • 高さとスピードを備えたライナー性のロングキック

1つめは、ディフェンスラインの裏を狙うパスを出す際などに使用するロングキックです。2つめは、高さはないものの、スピードを備えているロングキックです。そして3つめは、2つのロングキックの中間だと考えてください。プロのような高いレベルの選手になると、このようなロングキックを場面に応じて適切に使い分けています。

練習方法

1 ロングキックのフォームを見て真似をする

ロングボールを蹴れないことの理由として、パワーがないからと思っている方も多くいらっしゃると思いますが、正直に言うと、パワーはそこまで関係しません。

ですので、ここでまず理解していただきたいのは、将来に目を向けてあげるということです。

子供たちがその後、身体が大きくなってきた時にすんなりとボールが飛ぶようにしてあげることが少年時代には大事になると思います。その際に大事になるのが2つのコツです。

2 ボールの中心を蹴る

いくら正しいフォームでも、ゴールの真ん中を捉えないとロングキックは蹴れませんし、いくらゴールの中心を蹴ったからって正しいフォームでなければボールは飛びません。

「ボールは友達」などといった言葉がありますが、本当にその通りで、キックに関して言えばボールのどの部分に足が当たればどのような回転で(軌道で)飛んでいくのか?

その感覚を養うことがとても重要なのです。その感覚さえ見て付けば、黙っていてもロングキックは簡単に蹴れるようになります。

ショートパス

一番、サッカーでの初歩的なスキルのパスです。
インサイドキックでの対面パスなどの練習が、基礎として行うのが主流です。

サッカーの試合の中でも数多くのパスがインサイドキックでの相手の足元へめがけて転がす
インサイドでのショートパスになります。

自陣のゴール前から相手のゴール前まで攻撃時にも守備時にも使うサッカーで一番多用するパスの種類がこのショートパスです。
プロの試合での成功率は80%以上と非常に信頼される技術です。

インサイドキック

足の内側でボールを押すように蹴ることをインサイドキックといいます。基本的にはこのキック方法を使うことが初心者からでもできる蹴り方です。

練習方法

ボールはインサイドキックで蹴ることを意識しましょう。

二人組、または、壁などを使って練習ができます。蹴る方向の先に目印をつけて蹴る練習をしましょう。最初は近い距離でも構いません。真っ直ぐ行くようになってから徐々に距離を伸ばしていきましょう。

また、蹴る前に重要なことはトラップです。ボールを受けたときに、どの位置に置くかが鍵になってきます。軸足が相手に向いているか、正確なトラップで変わるでしょう。

【応用】ロングパスとショートパスを使いこなす

ロングパスとショートパスを使えるようになると攻撃パターンや守備の仕方も変わってきます。細かなパスをつなぎながら、ロングパスで逆サイドに転回も可能になります。

 

実戦でうまくいかない、、、

 

実戦でうまくいかない人は、まず自分が落ち着いた位置でボールをもらうこと、蹴る先、相手の位置をしっかり把握することが大事です。何も考えずにむやみに蹴っても正確なパスができません。しっかり状況把握することで、もっと正確なパスが出せるようになります。

 

状況把握し、正確なパスでチーム貢献へ

これまで、ロングパス、ショートパスについて説明いたしました。正確な自分が描くパスを出せるようになるとどんどん楽しくなってきます。また、チームも強くなります。

 

まずは、プロ選手やうまい方の真似をしてみましょう。フォームや蹴り方など意識してみることで、自分の成長にもつながるはずです。それから何回も実戦、練習を行いましょう。数をこなすことでボールを操ることがうまくなり、ボールを見ずにコントロールできます。そうすることで相手の位置を把握でき、正確なパスにつながるでしょう。

 

楽しむことが大事です。たくさん練習、動画を視聴して自分のものにし、夢をつかんでください。

 

関連記事

  1. 【サッカー】低学年にやってほしい3つの練習法

  2. 「次のレベルへの階段:サッカー個人レッスンでスキルアップ」

  3. なかなか上手くならないのは”なぜ”なのか?

  4. 【サッカー】逆足のシュートを決めたい

  5. サッカーのパスの種類

  6. リフティング4つのコツ