運動と勉強の偏見

運動バカ」&「勉強バカ」と言う2つの言葉が存在しますがそれが一般的の社会でスポーツができる人は

大抵は勉強が出来ないと偏見をしがちですが、実は。。。。。大きな勘違いです!!!

 

研究者による運動と記憶力と学力の関係

ニューヨークタイムズより

研究者が行った実験で81名の若いドイツ人女性を集めてランダムに3つのグループにわけ一人ずつイヤホンをつけてドイツ語の単語を聞かせその次にその単語にあったポーランド語を30分聞かせた。だがグループごとに違う環境で単語を聞いてたのです。グループAは30分間静かに座った後に単語を聴いた、グループBはエアロバイクに穏やかなスピードで30分間漕がせてその後に単語を聴いた、グループCは単語を聴きながらエアロバイクをマイルドな速さで漕いだ。

2日後に女性たちは新しく学んだ単語のテストを受け全グループは想起する事が出来ましたが3つのグループのうち グループB:運動して単語を聞いたグループとグループC:運動しながら単語を聞いたグループの方がテストではグループA:運動せずに単語を聞いたグループよりも最も情報を得る事ができた

(The New York Times)

ハーバード医大より

運動をすることによって記憶力思考力発達させる事ができる。運動することによっての利点はインスリンの抵抗性の発達爛れを軽減し、刺激による成長ホルモンを放出することによって脳内で起こるホルモンの化学反応が起こることで健康な脳細胞新しい血管の発達や豊富な新しい脳細胞を維持するなどの利点に繋がる。

様々な研究によると運動する人としない人では運動する人の方が脳で考える働きと覚える働きをコントロール部分が大きい。

スコット・マックギネス医師(ハーバード医大教授)によると「面白いことに所見で定期的に運動を6ヶ月もしくは 1年する事で選択された領域の量が増加する。」

(Harvard Medical School

結果

昔から研究者や様々な人から持たれていた疑問が次から次の研究の果てにわかった事が一つあります。運動記憶力学力UPする事が判明したのです。

運動の後に勉強をして試してみてはいかがですか?

もしくはバイリンガルの金坂コーチとサッカーをしながら英語を学ぶサッカー&英会話ハイブリッドレッスンを受けてみてはいかがですか?