今回は、女の子でボールを相手から奪った後どうすればいいのかがわからない。とのことでした。

まず最初に実際に1対1を行いプレーを見たところ、ボールばかりを見てしまい、顔が下がったままプレーをしていました。

そこが原因でいざボールをとっても顔が下がっているから敵がどこから来ているのかがわからない、スペースがどこにあるのかがわからない、相手に向かってドリブルをしてしまうなどの欠点が見つかり、そこを修正し、「見ること」を意識させるトレーニングをしました。

女の子ですがコントロールはとてもしっかりしていてびっくりしました。

とても明るく、喋る子でサッカーを楽しんでやっているなと感じ、そして近くにいる僕も本当に楽しくやらせてもらいました。小学生の年代の子は特に楽しむことを忘れずサッカーに向き合ってもらいたいです。