今回はドリブルでの抜き方が分からないとのことだったので、ドリブルを中心としたメニューを組ませていただきました。

何度か1対1での仕掛けを見ているとボールタッチは上手いのですが、スピードの変化がなく、抜けるタイミングでボールをストップしてしまう癖がありました。確かに止まる技術も大事なことですが、ゆっくりのまま止まっても相手は騙せません。

 

そこでボールを持っていない状態で行い、変化のつけ方を伝え、もう一度ドリブルをやらせてみると今までとは違い仕掛けるドリブルが出来るようになりました!子供は上達が早いのでいつもびっくりしてしまいます。

 

ドリブルでもパスでもそうですが、人それぞれ違った個性があります。

僕はその個性を大事にしてもらいたいです。サッカーは自由なスポーツです。その中で僕がレッスン中に伝えたことを1つのアイデアとしてプレーに活かしてもらえるとうれしいです。