一対一に勝つコツ (攻撃編)その1

a0001_009470

一対一に勝つ

一対一に勝つとは抜くこと。
いわゆるドリブルテクニックです。

フェイントやドリブルテクニックには個人差がありますので
今回はできるだけ簡単に抜く方法と考え方を書いていきたいと思います。


今日はよくある失敗例から書いていきたいと思います。

・相手に突っ込んでいくドリブル

これはもう致命的です。

言葉にすればそりゃそうだ
と思いますが、意外にも小学生や中学生で抜けない子はこれをやっています。

相手に突っ込んでいけば相手は足が届きます。
しかも身動きも取れないため激突してしまいます。

鬼ごっこで考えればわかりやすいのですが
自ら鬼に突っ込んでつかまりに行くようなものです。



ドリブルで勝つには相手を動かせ

相手を動かせ
命令通り動けば苦労はありません。
しかも自分が全く動かず相手だけ
という意味でもありません。

守備側の仕事を理解しよう

サッカーにおいて守備の仕事は
ボールを奪うこと以上に
「ゴールをさせないこと」
です。

言い換えれば
相手にゴールを見せないことなんです。
相手からゴールを隠したいんです。

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  2. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの目の使い方習得で得られるもの

  5. 囲まれた時の改善策は?”ドリブル技術”が問題ではない!?

  6. サッカーがなかなか上手くならない。突き抜けない子によく見られる2つの特徴

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数