一対一に勝つコツ (攻撃編)その1

a0001_009470

一対一に勝つ

一対一に勝つとは抜くこと。
いわゆるドリブルテクニックです。

フェイントやドリブルテクニックには個人差がありますので
今回はできるだけ簡単に抜く方法と考え方を書いていきたいと思います。


今日はよくある失敗例から書いていきたいと思います。

・相手に突っ込んでいくドリブル

これはもう致命的です。

言葉にすればそりゃそうだ
と思いますが、意外にも小学生や中学生で抜けない子はこれをやっています。

相手に突っ込んでいけば相手は足が届きます。
しかも身動きも取れないため激突してしまいます。

鬼ごっこで考えればわかりやすいのですが
自ら鬼に突っ込んでつかまりに行くようなものです。


ドリブルで勝つには相手を動かせ

相手を動かせ
命令通り動けば苦労はありません。
しかも自分が全く動かず相手だけ
という意味でもありません。

守備側の仕事を理解しよう

~ここから会員限定~
会員登録はこちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. サッカーセンスとは一体なんなのか?「サッカーセンス」は作れる。

  2. サッカーが”自由”?とんでもない。実は見えないセオリーやルールは多い

  3. プレー全てを”言語化”する個人レッスンがサッカー家庭教師

  4. コミュニケーションと読み取る力。〜本当に見なければならない5つの事〜

  5. “歩き方”だけでサッカーは劇的に上手くなる

  6. セレクション申込用紙の書き方2017【保存版】