未熟なコーチが増えている今「文句」や「嫌味」を直接言うと子供が干されます。


こんにちは
谷田部です。

一般社会では真っ当なことをチームの監督やコーチにはっきりと伝える。
異議を唱える。

一般常識でサッカー界は渡れません。独自の社会性が存在します。相撲界と大差ありません。

これ一般社会では通じますが
一度でもチームへクレームを入れる
”お子さんが干されます”

昔からそうだったといえばそうなのかもしれませんが
学校の先生のように教育委員会などのようなさらに上の機関のないサッカーのチーム
と言うのは、コーチや監督が最高峰であり
サッカー協会などにクレームを入れても何もお咎めはありません。

クラブチームの監督やコーチに「文句」「クレーム」「嫌味」「異議」を唱えると
レギュラー選びに”親御さん”までが選考基準になっているチームが日本中で増えています。

要するに
人として未熟なコーチが増えているのです。

子供のことが一番と言いつつも結局は「自分のことが一番」
これはクラブチームや少年団のみならずJ下部組織にも見られるから私自身非常に危惧しております。

サッカーを知らない親御さん。まともな親御さんほど危険

サッカー界は相撲界を見ればわかると思いますが
「男の嫉妬」が蔓延しています。

そこへ行くとまともな親御さんやサッカーを知らない親御さんは
”地雷を踏む”危険性が非常に高いのです。

本当に困ったら
”チーム関係者に相談してはいけません!”

良かれと親が思った本当のことでも
子供が干されます。

対応策は?

監督コーチに選手采配や選手の好みなど決して意見してはいけません。

サッカー家庭教師にご相談ください。
監督コーチを分析し、上手く対応して行くほかないのです。

これを失敗すればいくら実力があっても”干されます”
人は皆
「めんどくさいことは嫌いです。」

未熟なコーチは
めんどくさい親を持つ子供を干し、めんどくさくなるリスクを減らします。

これは小学生のチームでも中学生のチームでも高校生のチームでも同じことが言えます。
最近特に増えたと思うのはコーチの年代も変わってきたからと言えると思います。

かつてほど、選手だけでなく、親御さんのことまで加味しているチームが増えているように感じます。
だからこそ、念には念を入れて
疑問を感じたら、まずはご相談ください。

技術や実力以上に厄介なのは、一度貼られてレッテルです。
子供以上に親の印象を変えるのは難しいからこそ、非常に厄介とも言えます。

今のチームに疑問を感じたらまずはご相談ください。

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. ポジショニングがわからない。ボールに触れない。触りにいけない。

  2. 小学校4年生のお子さんの”スランプ”を感じている親御さんへ

  3. 中途で入ったチームで中々追いつけないお子さんを持った親御さんへ

  4. 「上手いのに試合に出られない」のは、なぜなのか?

  5. かつて「小学校3年生」で起きていた”伸び悩み”が「小学校2年生」にまで落ちてきている

  6. 「内部昇格対策」や「スタートダッシュ対策」は”強いチームほどやりやすい