初心者の多く、上達しない子の多くの問題点は「体の軸」

こんにちは

谷田部です。

初心者やサッカーが上達しない子。
俗いう「サッカーの下手な子と上手な子の差」とは
”体の軸”
そのものにあります。

サッカーの上手い子とそうで無い子の「走り方」や「動き」の違いというのは一目見てわかると思いますが

まさに「体の軸」そのものに原因があるのです。

綺麗に走る子、綺麗に步く子は「サッカーが上手く無い」

綺麗なフォームで走る。綺麗に步く子は

体の軸がぶれることなく動きます。

 

昔でいう、頭の上に本を乗せて歩けるくらいを想像して見てください。

こういう子は必ず、「サッカーが下手」です。

 

サッカーが上手い子は

 

だらだら走ります。

だらだら歩きます。

もっと言えば「腰パン」します。

 

 

なぜなら、サッカーの体の動かし方に全てフィットしているからです。

 

綺麗な歩き方や綺麗な走り方だと何がいけないのか?

まず、足を上げていられない。という欠点があります。

要するに「リフティング」や「ボールトラップ」「キック」

全てに関係するところです。

 

そうです。結局サッカーが下手になる要素だらけになってしまうのです。

お家でも出来る!「軸」の作り方

ここからはお家でも出来る。「軸」を作り方を書いていこうと思います。

~ここから会員限定~
会員登録はこちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

  1. 陸上の走りでは「守備ができない」「視野も狭い」その理由とは

  2. サッカーの上手い子と下手な子の違いとは?差の埋め方

  3. キック力が無い!ボールが飛ばない!

  4. 監督やコーチの言うことを100%聞く選手はダメ

  5. 足技が上手い。狭い所でパスを回せる。では、セレクションは受かりません。

  6. シュートが入らない。逆足が蹴れない。原因にボールを蹴る足は関係ない!?