サッカーが”自由”?とんでもない。実は見えないセオリーやルールは多い

サッカーは”自由”
野球よりもずっと自由とよく言われます。
上手い人にはいいかもしれません。

感覚でできてドリブルが上手くて相手に取られない。
という方には”自由”ほど楽しいことはないでしょう。

しかし、サッカーにも初心者にはわからない、いくつもの縛りが実は存在しているのです。
意外と知らないコーチも多いのが現状です。

不器用に”自由”を与えられても困る

ここでいう不器用というのは私のことですが
不器用やボールコントロールによほどの自信がない限りこの”自由”ということほど困ることはありません。

2時間ボール一つで自由時間

これサッカー初心者には酷なことです。

最低限のやるべきこと。
ルール的なものが最初はあったほうがいいですよね。

それをポジション別に最低限「守るポジション」「攻めるポジション」という説明以外にフォローしてくれるコーチというのは
私自身いませんでした。

社会の自由にも最低限のルールはある

今の日本社会でも自由と言っても

人を傷つけない。ものを壊さない。騒ぎ過ぎない。
周りに迷惑をかけない範囲。
思いやりやモラルと言った
目に見えないルールはたくさんあります。

最低限のルールやセオリーとは、サッカーにあっても何ら不思議はないのです。

サッカーのフィールド場やサッカーの現場にもそのように暗黙のルールがある。
それを理解した子から上にいく、試合に使ってもらえるのです。

そしてそれを知り、理解することで初めて新しいことが生まれると言っても過言ではないのです。

日本の現状やルールを知ることで今までになかった新しい発明やアイデアを産む。
というのと同じです。

初心者にこそ、まず何をすべきなのかを教えて欲しい

そう初心者こそ、最初にボール持ったらやるべきこと
を教えて欲しいのです。

呼ばれたからパス。
ではなくて

最優先でやるべき選択肢はなんなのか?
パスすべき優先順位は誰なのか?
ドリブルすべき時はいつなのか?
etc

わからずに闇雲にやって怒られる。
闇雲にやって褒められる。

挙げ句の果てに何が良くて悪いことなのか理解整理できない。
整理できた頃には高校3年引退間際
ではやるにやり切れません。

かと言ってコーチに相談すれば
映像や仲間を見て考えろ。

見て考えてわからなくて正解がわからなくて聞く。
にも関わらず突き放される

これは
サッカーを遅れて始めた子が特ににぶち当たりやすい現実です。
チーム内の最低限のゲーム中のルールやセオリーを教えてくれよ。これが心の叫びですが
叫びにもならない。

そんなサイクルいつまで続くのでしょうか。
私の頃から今現在子供達の置かれている現状は変わっていません。

私の個人レッスンではセオリーと正解を教えます。

先人の知恵を学び工夫すること
これが人類を進歩させてきました。

にも関わらずサッカー界は今なお自分で考えろ。
です。

自分で考えるのは工夫の部分でいいのではないでしょうか。
そうした学ぶべき部分まで考えさせる非効率

これでは猿以下です。

そして先日書いた

サッカーセンスとは一体なんなのか?「サッカーセンス」は作れる。
soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/archives/5672.html

センスを作る上には、セオリーを知ることは欠かせません。
セオリーを知り正解率をあげる。それだけでも周囲の評価は一変します。

初心者は最低限の見えないルールを理解すると一気に上達する

サッカーは自由。
と言いながらも
ミス以外の”選択肢”の部分で怒られる瞬間も多いのが現実です。

見えない何か。ルールが上手い人たちの中には存在しているのです。
感覚的に上手い人たちは置いといて、そうでない人たちは

「最低限の縛りとルール」
いわゆるガイドラインがあった方がたどたどしいながらもなぞり続けることができます。
それは反復すべき事象です。

何度もなぞるとたどたどしいものもいっぱしになる事は間違いありません。

反復すべき事象。

初心者や中々上達しない子ははこれを見るけるまでが何年もかかってしまうのです。
場合によっては見つけていないことすらほとんどです。

だからサッカー家庭教師はピンポイントで即効性のある上達を実感して頂けます。
こうした反復すべき事象とガイドラインをドンピシャで入れ続けて15年の谷田部です。
もちろん入れ方にもコツがあります。

・スカウトされていなくてもセレクションに受かりたい。
・サッカーが思ったよりセンスがなかった。と感じている。

そうであればこだわりをまずは捨てて
反復すべき事象を反復し、セオリーをマスターする。
ポジション別や戦況やフィールドの位置など様々なセオリーが存在します。

そのあとにオリジナルの工夫を乗せて言っても十分に個性になります。

まずはご相談ください。

サッカーの個人レッスンの元祖サッカー家庭教師の谷田部がなんとか致します。
お待ちしております。

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. セレクション合格の基準は「一つ上の学年に勝てる」

  2. ボールが高く上がらない、飛ばない。ドリブルのタッチを細かく出来ない。に潜む「共通の原因」とは

  3. 上手くなる方法。あなたのお子さんはどのパターン?

  4. 自分のスタイルを知り、希望チームへ入団する方法と《裏技の話》

  5. 2、3秒先の展開を読むために把握すべきもの

  6. コミュニケーションと読み取る力。〜本当に見なければならない5つの事〜