サッカーを”好き”でやっている子とサッカーが”居場所”の子が存在する。”居場所”であってもかまわない

子供達は居場所を自分自身で開拓する必要があります。
それはサッカーに限らず学校でも社会でもです。

難しいとは思います、今現在確立できていない子も多いかもしれません。
サッカーにおいては、私が手助けできます。

チームでよくわからない大人が
子供達のいじめを誘発するような言動をする
子供達の居場所を掻き回す

これは許されることではありません。

または、親の判断で向いてない。
だから辞めさせようと思う。
心配の裏返しかもしれませんが、解決ではありません。

~ここから会員限定~
会員登録はこちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 「自信のない子たち」がレギュラー対策すら飛び越して、なぜセレクションを目指してみたくなってしまうのか

  2. サッカー家庭教師の全国展開への再トライ

  3. プレー全てを”言語化”する個人レッスンがサッカー家庭教師

  4. 富山県での短期集中レッスンを終えて

  5. 頭の中身をもう一つ奥まで読み取り、使い方まで教える個人レッスン

  6. セレクション申込用紙の書き方2017【保存版】