今週は大阪と岩手で短期集中レッスンへ


こんにちは
谷田部です。

今週は大阪と岩手で短期集中レッスンの予定です。

日本中でセレクション対策や内部昇格、レギュラー対策、などのお悩みを抱えていらっしゃる方がいらっしゃいます。

似たようなサービスが増えてきていますが
内容がまったく異なります。

同じようなお悩みを短期で即効性をもって解決できる個人レッスンはサッカー家庭教師だけです。

コーチを知り、チーム背景を知り、対策を講じる

セレクション対策も内部対策もレギュラー対策も共通していることがあります。

プレーで相手を口説く

ということです。

そのためには自分を知り、相手を知ることです。
いかに相手の好みを知り、こちらの長所とマッチさせ、そのマッチした長所を伸ばせるか。
短所を補うなら相手の好みの部分を伸ばしきる方が早い。

私はそう思います。

セレクションもレギュラー対策も、内部昇格も目の前のコーチをプレーで口説き惚れさせ認めさせられるか。

言葉で口説くわけではありません。(笑)

選手でいる限り必要なスキル

よくプレー以前に人間性だ。
人間力だ。
という表現がありますが、あながち間違っていないのです。

監督やコーチも人間です。

今回の表現はわかりやすすぎるかもしれません。

それでもそうした監督コーチの好みを知ることは非常に重要です。
自分の独りよがりでなく、相手が求めている部分に妥協点を見出す。
これは選手である限り必要なスキルです。

プロ選手の場合
監督が変われば”構想外”が出てきます。

ずっと同じ監督で構想外である小学校や中学校、高校の場合
監督やコーチの分析が足りない。
または自分の独りよがり
または完全なまでの実力不足のどれかです。

これから力をつけるにせよ
出場できないない限り相手の好みに歩み寄り自分の長所をフィットさせること。
これが求められます。

そのためにやることは
技術的にたくさんあります。
外見的な部分。衣服だけでなく、姿勢も含めてやれることをやり

意識的に反復していく

そんなレッスンを常にお届けしています。
まずはご相談ください。

日本中や世界中からお問い合わせを頂いております。

お待ちしております。
谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. ドリブルで抜くのが上手い=サッカーが上手いではない

  2. セレクションに受かる。とその後の対策は違う

  3. 上手くなったかどうかは自分の実感と「周囲の変化」が教えてくれる。

  4. チームコーチが「下手な子」を伸ばせない理由とは

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. 昨日のゲーム会について