いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

こんにちは
谷田部です。

足が速い。
これはサッカーにおいて非常に重要な武器です。
小学生のセレクションでも大いに重要となる要素の一つです。

ただし、小学生のセレクションに通る。
この場合のみです。

足が速ければよい。
これだけでかけっこ教室などで陸上の走り方を学ぶ。
※以前にも書きましたがかけっこ教室の走り方はサッカーにおいては弊害だらけです。

何度も言いますが小学生のうちはいいんです。

これが「競技」として戦いの場になる中学生や高校生では誤魔化しがきかなくなります。
(小学生の強いチームでは高学年の場合はすでに求められています。)

「戦える子なのか否か」

これが大変重要になります。

「戦える」という意思は見ている側に簡単に伝わる

「戦える」選手というのは一目見てわかるものです。
もちろん表情に迷いが見て取れる選手はもうだめなのは当然です。

しかし、思っているのに思いのほか伝わらない。
という子がいるのも事実です。

これは伝え方が非常に重要になります。

【表現力】というのは、サッカーにおいて選手生命にかかわる要素の一つです。
大げさでなく、レギュラーとして起用してもらえるのかどうかにも関わってくるからです。

サッカーの技術というのはドリブルやパス、シュート、などを教えてくれるスクールはたくさんありますが
【表現】については皆無と言って過言ではありません。

下手な子を上手にするためのメソッドが確立しているサッカー家庭教師の個人レッスン

サッカー家庭教師の個人レッスンでは、サッカーのキックやトラップ、ドリブル、シュート、守備や動き方などはもちろんのこと【表現の仕方】にまで
踏み込んで教えています。

だから上達力が違います。

自信がない。
というお子さんも大歓迎です。

よくこんなレベルで教わっていいものかというご相談をお受けしますが
サッカースクールはサッカーが上手くなりたい子が来るところです。

本気で上手くなりたい。周りに追いつきたい。ライバルに差をつけたい。
大歓迎です。

馬鹿にされないかが心配なんてものは無縁です。

上手くない子が上手くなる。そんな上達の瞬間とお子さんの笑顔が詰まった個人レッスンの時間をお届けします。
まずはご相談お待ちしております。

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 小1小2小3で本気で上手くなりたければ「王道中の王道」を学べ

  2. やるべきことは極めてシンプル。上達に悩んでいる子ほどあれもこれもやりたがる

  3. セレクションではコーチが【上手い!と感じる】ポイントを刺激せよ!

  4. ​ 「判断」「考える」の前に最低限の原理原則を理解していない子が多い

  5. 小中学生でサッカーが本気で上手くなりたいと思ったら・・・

  6. たくさんの派手な技術を身に着けるよりも、「止める」「蹴る」の原点回帰に来ている

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,822人の購読者に加わりましょう

【PR】




サッカー家庭教師他メディア

LINE@追加はクリックかQRコードで

友だち追加

アルバイトコーチ募集

【PR】




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,822人の購読者に加わりましょう