サッカーの目の使い方習得で得られるもの

見えてる、首が振れているより、脳に入れているものは何かを確認するだけで劇的に変わる

こんにちは

谷田部です。

 

最近は目の使い方。

の改善を多くやっています。

 

実際に本人たちに確認してみると

当たり前に見えているよ。首は振っているよ

という本人たちは思った以上に見えていません。

 

形だけで脳みそに見たものが蓄積されていないことが多いのです。

見えているものが変わるだけでこんなにも変わるのか?

これは判断力にもかかわるところですが

見えているものが変われば本当にプレーが変わります。

 

目の前しか見えない運転と、広い範囲で見える運転とどちらが安全か?

大きく同じ技術でも変わってくるのです。

 

それだけ判断材料を多く入れられるのはプレーに影響するのです。

今の技術のまま「すぐ」にでもプレーが変わる

一回やっただけでも目の場合は日常の一部を

サッカーに入れるだけなので、本人の意識づけだけで

大分プレーが変わります。

 

前回も書きましたが

 

・ポジショニングがよくなる

・パスコースが見える

・パスコースが見えるので自身を持ってパススピードを上げられる

・相手に囲まれなくなる

・ポジショニングがよくなるので動きがスムーズになる

 

などのご報告をここ2週間でもらっています。

ほとんどの方が一回の改善で大きく変わったものです。

そして、何よりも特徴的なのが、プレー中の

表情や顔つきが変わります

 

目と脳を多く働かせ、判断材料をより多く入れようとしている証拠です。

 

まずはご相談ください。

セレクション模試などもありバタバタもしていますが

まだ可能です。

 

ご相談お待ちしております。

 

谷田部

 

関連記事

  1. サッカーは難しくするから難しくなる。悩んだら原点に帰れ

  2. 陸上の走り方を取り入れれば取り入れるほどサッカーは下手になる

  3. 個人レッスンはエンターテイメントの場にできるかが勝負

  4. 「戦う姿勢のON/OFFスイッチ」は個人レッスンで作れる

  5. エース級だったのに・・・小学校3年生、4年生あたりで始まるスランプ

  6. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?