囲まれた時の改善策は?”ドリブル技術”が問題ではない!?

おはようございます。

よくある相談で
囲まれた時にどうしたらよい?

というものがあります。

そして流れとしては

囲まれた時の突破の仕方を教えて欲しい

となります。

最近ではドリブルに特化したスクールも増えているからでしょうか。

ドリブルありきな傾向が見られます。
囲まれたら抜けばよい。

は最も単純ですが

もっと言えば

囲まれない。囲ませないようにすればよいのです。

みんながみんな囲まれますか?

囲まれている子は共通点があります。
囲まれる子は大体決まっているはずです。

囲まれる子を脱却するところにいくことを考えることの方が大切です。

その上で、囲まれた時のドリブルの練習に励んで欲しいと思います。
囲まれた時のドリブル技術は、なかなか身につきづらいですが、囲まれない方法はものすごく単純です。

まずは囲まれないために「予防策」を考えよう

予防策を張り、対応策としてドリブルをやっていく

いきなり対応から考え始めることは日常では非常識です。

サッカーの常識を疑うことから人とは違く、差をつけることができます。
今の日本はみんながみんな同じようなスクールに励んでいます。

そうした中にいては差は付きません。
違うことをするから変化が目立ちます。

ものすごく当然のことを教えます。

突拍子のないことを教えるわけではありません。
プロの選手が当たり前にやっているのに、ただただ見落とされている技術がたくさんあります。

それを教えているだけです。

知っているか知らないかで大きく差は付きます。

ご相談お待ちしております。
谷田部



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 「導入期」を正しく過ごす。正しく取り戻す

  2. 良い自主練、質の高い自主練で上手くなる

  3. 中途で入ったチームで中々追いつけないお子さんを持った親御さんへ

  4. 食材整理から教える料理教室

  5. みんなと同じで「差」がつくことはない。群れを飛び出す勇気を

  6. 勉強もサッカーも「良い師」に出会えるかどうかで一生を左右する

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,826人の購読者に加わりましょう

プロフィール

tel

MENU

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,826人の購読者に加わりましょう