一流選手たちや上手な選手には「共通項」が多数存在します。

そういったものを全く無視して
いきなりボールタッチの反復練習をする
ジグザグドリブルをする

それは自分の中で決めごとがあったとしても
ただ闇雲に練習しているにすぎません。

受験ですら過去問から把握します。サッカーにおいての過去問がプロ選手

プロ選手や上手い選手たちの「共通項」を把握することは
何を習得すれば、上達するのか。

というまさに教科書ともいえます。

彼らを見て何を抽出するか?
どのように真似をするか?

この分析力と力のつけるためのコース決めが非常に重要なのです。
無駄なく効率的に身に着けること。
まさにこれこそが「考える」のはずです。

戦略もない練習は、本当にもったいないのです。

試験に無戦略で臨むものと一緒です。

基本も深く理解すれば応用につながる

基本的な部分もしっかりと理解していくと
応用ではもちろん同じような要素が求められます。

勉強もサッカーも同じようなものです。

それにもかかわらず、基本的な技術や思考回路
これを作りきらずにどんどん進んでしまう。

全ての技術や思考には、結びつきがあります。
それを関連付けて覚えていくかどうか

ばらばらに関連性を意識せずに練習を行うことはこれほど非効率なことはありません。

基本と応用の関連性に気が付けると応用の練習の中で、基本は復讐でき
全体のレベルアップが図れます。

練習と練習を単体で考えてしまっている子供が数多くいるなか
関連性をつけて行っている子が一気に上達する理由は考えるまでもありません。

サッカーは特別ではない

チームやスクールに数多く通っていると
サッカーは特別

という変な勘違いが生まれることが多々あります。

そうすると必ず、どこかで壁にぶち当たります。

サッカーは特別ではない。
あくまでも日常の延長にすぎない。
しょせんは遊び
遊びを一生懸命楽しむために練習をしている。

そこをおざなりにした瞬間に、行き詰まるのです。
行き詰まり始めるのは、小学校3年生や4年生くらいからが多いのですが
こうした勘違いのスパイラルに巻き込まれているのもこの年代が多いような気がします。

受験に短期間で合格する子がいるように、サッカーの上達にもコツがある

受験で短期間で合格する子
どこかで聞いたこともあるはずです。

そうした人たちが特別だ。と言ってしまえば終わってしまうのですが
必ず「戦略」を立てています。
そして「最低限」の知識を身に着け、応用に生かす。
ということに徹底しています。

サッカーも同じことが言えます。
最低限の部分を身に着け、応用に生かす。

それを繰り返していくと骨太な基軸が出来上がるのです。
あとは「個性」という肉付けをしていくにすぎません。

個人レッスン指導数が国内で圧倒的に多い谷田部

学生のアルバイトや、チームやスクールの片手間で行っている個人レッスンの業者は数多くありますが
サッカー家庭教師は個人レッスンの専門です。

指導数も圧倒的に多く経験豊富なのが一番の売りです。
私谷田部も休日は3~7件、平日でも1~3件を毎日こなし続けています。

もちろんそのレッスンの内容は一人ひとり異なります。

まずはご相談ください。

正しく最短でサッカーを上達したい。
そんな思いにお応えいたします。

谷田部