個人レッスンで~上手い子の特徴2つ~を入れる!その練習方法とは?


こんにちは
谷田部です。

前回

上手い子の特徴とは?まずこの2つから違う。
http://soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/archives/4868.html

という記事を書きました。

正直、上手い子との比較
ここまではある程度のチームやスクールのコーチであれば
”違い”
については言えるのです。

問題はここから~どのように改善していくのか~が問題になります。

どのように改善していくのか?

前回の記事に書いたように、
特別「立ち方」と「歩き方」この2点に照準を当てていない状態のレッスンでも
自然と「立ち方」「歩き方」は改善されていました。

これは個人レッスンの体験の時点でもみられた現象です。

その1.サッカーを理解、整理し意識を変えていく

「立ち方」と「歩き方」
これは特にボールを持った直後に言えるのですが、
基本的に顔が下がります。

それは単純に「足元のボールを見るから」です。

何を見なければいけないのか?
優先順位で言えば大体が
【ボールを見る】が優先項目になっているはずです。

第一優先順位はそれではありません。

まずはここから変えていくことが必要になってくるのです。

その2.今までの習慣を変えていく

サッカーは年齢とともにトレーニングの内容も変わってきます。
というよりもレベルが上がるのですから変えていく必要が出てくるのです。

小学校4年生以上で顔が上がらない。
という子のほとんどは、小さいころのトレーニングのままサッカーを続けています。

特に幼稚園や小学校低学年からやっているお子さんに多い気がします。
【サッカーを切りかえられていない】

今のサッカー界の現代病と私は呼んでいますが、まさに良くも悪くも負のスパイラルから抜けられていない子が多いのです。
習慣は一刻も早く変える必要があります。

「立ち方」「歩き方」が原因の子はサッカーを過度に【特別視】してプレーしている

サッカーを特別視しすぎている
これは逆に「真面目なお子さん」に多い現象です。
しかも一生懸命な性格ほどこれに陥っていると思います。

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  2. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数