体が小さいから
体が細いから
吹っ飛ばされる。

という声をよく聞きます。
これセレクションの場合、致命的なことになります。

なぜなら

・体の大きい子が好まれる。
・一つ上の学年のレベルを求めている

という基本的な考えから逆算すればご納得いただけると思います。

メッシを筆頭に小柄なサッカー選手はたくさん存在する

メッシの場合はドリブルテクニックとスピードや判断などで
大きな選手たちは体に触れていることができません。

これも一つの方法ですよね。
とは言っても誰しもがすぐに真似できるか?
というと難しく、時間がかかってしまいます。

今ここでこのブログを読んで頂いている方は
「即効性」をお求めのはずです。

そう「即効性」のある改善方法は誰にでもすぐできる方法がいくつも存在するのです。

言われてみれば「ああっ」てなるくらいの話 発想の問題です。

・相手の手や肩を避ける。触らせない。
・瞬間的に重心を下げる
・走る方向を工夫する
・相手との間合いを考える
・ボールキープのスキルを向上させる
・ドリブルスピードやテクニックを向上させる
・・・etc

などなどやり方だけを言葉で羅列するだけでは、伝わりにくいとは思います。
それでも言葉にするとごくごく単純なものばかりです。

できない。は発想でクリアしてほしい

サッカーでできない。
となるとそのポイントを諦めるか。停滞してしまいます。
コンプレックスを持ったままでも攻略方法を持っているだけで大分違います。

自分で気が付ければいい。のはごもっともですが
もらえるものはもらうのも一つの方法です。

サッカー家庭教師では
こうしたボールコントロール以外の部分もしっかりと改善しています。

実際の現場レベルを経験してきているからこそ教えられる細かな部分というものは多数存在します。
本当はこう言った部分で大きく差がついてくるのです。

考えきってもわからなければ答えを見る。
勉強では当たり前のことです。
そうした当たり前をサッカー家庭教師では日々行っています。

たった一つの「倒される」だけでセレクションに落ちるのはもったいない

今回は「倒される」を挙げましたが、本当にほかの部分が上手くても
たった一つのウィークポイントがピックアップされるだけで落ちる。というのは悲しすぎます。

人生すらも左右するセレクションだからこそ、できる部分の改善はしておくべきです。
サッカーの困った、のほとんどは改善できます。

まずはどんなことでもご相談頂ければと思います。

ブログには書ききれないほどの、細かなご相談を改善してきています。
毎日のように現場レベルで改善策を講じてきたからこそできる個人レッスンのプロにお任せください。

ご相談お待ちしております。

谷田部