顔が上がらないのは「目の使い方」が間違っている

顔を上げなければ、考えや判断の材料が手に入らない。

前回のブログでも書きました。

「考えろ」「 判断」  そのためには顔を上げる必要がある  そして ~顔を上げてプレーするにも【コツ】がある~

​ 「判断」「考える」の前に最低限の原理原則を理解していない子が多い

 

今日はそうした中で意外と見落とされがちな「目の使い方」について書いていこうと思います。

全ての人が出来る能力を持ち普段からやっている

サッカーの場合

日常と切り離して考えがちなお子さんが大変に多いです。

これはサッカーは特別。と潜在的に思っているのかとても不思議な現象です。

普段出来ていることをそのままサッカーの中に入れればいいことを

日常においてきてしまう。

その日常をサッカーに取り入れられた時

あっという間に上達するのは当然のことですよね?

普段出来ていることなんですから・・・

 

サッカーは「頭」「ボール」「目ん玉」の3つの玉が重要

最近はブラインドサッカーと言って目隠しと音だけのサッカーもありますがそこは置いといて・・・。

普通のサッカーの場合

「目の使い方」

いわゆるモノの見方が重要です。

 

ほとんどのお子さんたちはボールコントロールをする時に

ボールを一点をしっかりと目で捉えています。

 

もちろんボールを見ることは必要ですが・・・

見方の問題なのです。

 

例えば自転車の運転

何か一点だけを見つめて運転するでしょうか?ペダルを見ながら運転?タイヤを見ながら?

大変に危険です。

 

皆さんはお子さんも含めて当然のように

全体の視野の中で何かを捉え「視覚」と「触覚」を上手く用いて判断します。

 

信号が変わりそうだ

何かが飛び出してきそうだ

車がいるな人がいるな

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  2. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数