セレクションに合格し受かるコツ 2017年度版

2018年2月5日:2018/2019来季向け セレクション対策クラス 受講者募集開始

志望チームを考える

今の自分のレベル云々ではなく、自分が入りたいチーム。その先々どうなりたいのか。を含めしっかりと自分の志望チームを考える必要があります。

通える範囲のチームであればいいのですが、場合によっては引っ越しなどを考える必要がある場合もあります。

そこまで家族内でケースバイケースを考えておく必要があります。

本命以外のチームのセレクション情報も集める

毎年、本命のチームしか受けないという方も多数いらっしゃいますが

セレクションも雰囲気など事前に知るためにも同じようなレベルの日程の近いものを事前に複数受けておくことが必要です。

緊張などが伴うため、場慣れが非常に重要です。

合格のためのスキルを磨く

サッカーのセレクションも受験と同じです。

必要な最低限度のスキルが存在します。

 

そしてそれらのスキルを

強度を上げ、スピードを上げ、プレッシャーの中で正確にできるのか。

それらのスキルを使って自分の個性を表現できるのか。

ということが求められます。

 

短い時間内でのセレクションでは

受かるための姿勢や走り方、フォームも存在します。

短時間だからこそ、パッと見でわかる姿勢、走り方、フォームも大切なのです。

 

合格のためのスキルの磨き方

~ここから会員限定~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

個人レッスンbefore→after事例集

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. セレクションではコーチが【上手い!と感じる】ポイントを刺激せよ!

  2. ​ 「判断」「考える」の前に最低限の原理原則を理解していない子が多い

  3. 年々前倒ししていく感が否めないサッカー界(小学校低学年・幼稚園児も受講受付開始!)

  4. サッカーを”好き”でやっている子とサッカーが”居場所”の子が存在する。”居場所”であってもかまわない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. 「考えろ」「 判断」 そのためには顔を上げる必要がある そして ~顔を上げてプレーするにも【コツ】がある~

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説