セレクション合格の基準は「一つ上の学年に勝てる」

谷田部です。

スクールや地域クラブのセレクションも一通り結果が出始めました。
今の時期は小学生の中学年向けが多かったと思います。

来年度J下部やそれに匹敵するチームを受けたい。
そう考えているのであれば早めに対策は必須です。

なぜなら実力にするためには、定着させるための熟成期間が必要になるからです。

どうしたらセレクションに受かるのか?

よくあるのが

体が大きい
足が速い
上手い

そんな子が受かる。とよく巷では耳にします。

ずば抜けていればいいんです。
もっと簡単に言えば、自分の学年でずば抜けて
一つ上の学年相手に対等かそれ以上に戦える子が受かります。

だからドリブル重視
とにかくボールを持って目立て
ではセレクションは受かりません。

もっと言えば
上の学年のチームで中心選手として活躍できるかどうか。
それが大切になります。

具体的に対策は何を行うの?

まずは基礎的な部分は必須です。
ここができていないと時間がかかってくるのは当然ですよね?

次に個人戦術的部分
サッカーの目的を理解し、駆け引きなどを学ぶ

その上に最先端かつ世界基準の技術を入れていきます。

精神面では、グラウンド内で戦うためのスイッチを作る。

ざっと書けばこんなところでしょうか。

もちろん長所を伸ばし、短所も改善しそれぞれの個性を生かすのは当然です。

来年度のセレクションの合格を目指すために

終わった直後が最速のスタートタイミングなのはいわずもがなです。

来年度のセレクション合格を本気で目指すのであれば
まずはご相談ください。

チームと並行したセレクション対策レッスンを
完全オリジナルメニューで構築していきます。

谷田部



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 最近のサッカー家庭教師について

  2. 「自信のない子たち」がレギュラー対策すら飛び越して、なぜセレクションを目指してみたくなってしまうのか

  3. 本当にすぐサッカーが上手くなりたいなら・・・

  4. サッカーが下手なのは”思い込み”が上達を阻害している

  5. コミュニケーションと読み取る力。〜本当に見なければならない5つの事〜

  6. サッカーが”自由”?とんでもない。実は見えないセオリーやルールは多い