本気で最短の上達を目指すなら全てを「逆算」から構築する

 

こんにちは
谷田部です。

冬休みも間近この冬休みでレベルアップを図りたい。
セレクションへの対策をしたい。

というお問合せが増えております。

レギュラーになりたい。
もっと高いレベルを目指したい。
セレクションに受かりたい。

それらは簡単に言えば全国のレベルを目指せばおのずと見えてきます。
そうした全国区のレベルの選手が何をしているのか。
それを逆算していくと何を意識して練習していけばいいのかが見えてきます。

真似るべきはフェイントでもキックでもなく、それ以上に根本的なところ

サッカーは真似をするのが最も早い上達方法です。

それはサッカーだけに限らずどのスポーツにもどんな職業にすら言えることです。
そう誰でも真似をすればいいことは知っているのです。

ただ本当に短期で何かを身に着けるには
「どこを真似るのか」
「真似るべき順序」
というのが非常に大切になります。

そしてそれこそが本当の上達テクニックとも言えるのです。

構築する順序が逆だとすぐには身に着けづらい

たまにあるのが

ある程度はキックが飛ぶ
だからあと少しだけ高さが出るように
飛距離が出るように

とのご相談あります。

これは今までのキックのフォームがばらばらであれば
あと少しのキックの飛距離や高さというのは、すぐには伸ばせません。

今までの自己流でそこまで飛んでいたのであればそれが限界。筋力をつければいいかもしれません。

逆にちゃんとした順序で構築されたフォームであれば飛距離や高さもメキメキついていきます。

ちゃんとした順序で身に着けたものでないとオプションは付けられないのです。

簡単に言えば
「自作の車」をメーカーに持っていって直してくれ、これつけられる?
というくらいの無茶です。

 

直すところを直してからね。というのは目に見えるはずです。それでも付け焼刃は付け焼刃ですぐに壊れます。
一度ダメなものは根本から直していくという作業が必要になります。

このケースは大体が

「力任せパターン」

に多くみられます。

要するにキックやドリブルを力を入れてひたすらやってきた子の場合このパターンに陥りがちです。

だからこそ早い段階で修正に取りかかれば取りかかるほどいい成果は早く出てきます。

土台をしっかりと入れると今までのスキルも生きてくる

上には根本的な部分が壊れていると直すのに時間がかかる。

ということを書きましたが

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  2. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数