c006

素人目で見て派手さがある

ドリブルや足技がうまい。
狭いところでパスを回せる。

お父さんお母さん、そして本人たちの中では非常にほめたたえられます。
ただ、それではセレクションには受かりません。

断言できます。

小学校低学年のうちはいいです。

それでも放っておくと4年生くらいになって・・・

周りの子も大きくなり脚も速くなり始める。

そうすると、
抜けなくなった。取られるようになった。通用しない。
という負のスパイラルが始まります。

サッカーはサッカーでしか伸びない

サッカーはサッカーでしか伸びません。

今までも陸上の走り方とサッカーの走り方の違いなどを書いてきましたが

フットサルとサッカーも違います。

 

フットサルでのいいプレー=サッカーのいいプレー

 

と混同してしまう場面がまだまだみられるように思います。

 

サッカーはサッカーであり、フットサルはフットサルでしかありません。

いいとこどり。というのも確かです。

フットサルコートでフットサルをプレーしていたプロ選手がいるのも確かです。

 

ただ一つ言えることは

サッカーとは別物であり、使える部分を使っているだけ

 

サッカーとフットサルは違うとしっかりと意識する必要があります。

これは大人でも子供でも同じく難しいと思います。

 

フットサルコートでプレーする時間が増えるにつれてこのリスクは増えたように思います。

サッカーのセレクションの場でフットサルをして落ちている子

一次や二次までは受かったそれ以上で落ちた

一次や二次まではたいてい狭いコートやミニサッカーに近い形を採用しているチームが多くみられます。

 

大きいコートに入った途端に落ちる子は

大きいスペースにもかかわらず狭いスペースでのプレーをそのまましている子が多くみられます。

 

私自身ブラジルで大きいコートにもかかわらずフットサルのプレーを行って落ちている人間を複数見ました。

 

狭いコートだから広いコートだから

ではなく、セレクションはサッカーの現場です。

 

いくら足技がうまくてもドリブルがうまくても

サッカーをやっていない子が落ちるのは当然です。

ボール遊びからサッカーにしていく必要

低学年のうちは「ボールの扱い」が上手いだけでもある程度戦えます。

ただ、成長ともに回りのスピードや体力が上がり、ボール扱いだけでは勝てなくなります。

 

「相手との闘い」すなわち「サッカー」へと変移していくのです。

 

いつまでも「ボール扱い」(ボールと戦う)状態を続けるか

「サッカー」(相手との闘い)へと変えていくか。

 

これに気づき変えていくことができるか。

この「ボール扱い」のままの子というのは

昔からうまい子に多く見られます。

 

ボール扱いがそこまで出ない子のほうがサッカーへと入るのは早いように感じます。

 

要するに「気づいたもの勝ち」ともいえるのです。

 

だからこそ早く「サッカー」を理解し、プレーすることで一気に勝てるようになります。

 

サッカー家庭教師では「サッカー」を上達してもらいます。

 

まずご相談ください。

冬休みのご相談増えてます。

 

谷田部