陸上の走り方を取り入れれば取り入れるほどサッカーは下手になる

c008

陸上の走り方でドリブルはさらに顔が上がらなくなる

最近気になるのがかけっこ教室の問題

サッカーの技術と平行にかけっこの方法を陸上の先生に教わる。

 

脚が早くなれば有利。なのはサッカーで確かにあります。

が、ちょっと待ってください。

 

陸上の走り方をすればするほど、今度はサッカーが下手になります。

わかりやすくいえばドリブルで顔が上がらなくなります。

 

陸上の走りを学べば学ぶほどボールの無い時のスピードは上がったとしても

サッカーは下手になります。

 

顔が上がらないのは日本サッカー界の現代病

昔に比べ技術的なことを教えてくれる環境の多い日本のサッカー界。

小さいころからボールコントロールというものをやりこんでいるから

私たちの世代では考えられないほどボールコントロールが上手い子が増えました。

 

そのためか、足元からボールを離せず顔が上がらない子も同時に増えました。

サッカーの本質を忘れボールコントロールがメイン?と思える子も増えました。

 

昔は脚にボールがつく人間は少数のため顔が上がっている時間が圧倒的に多かったのですが

今ではボールコントロールが技術の向上が産んだ現代病。ともいえるこの現象。

 

陸上の走り方を取り入れればこの悪循環をさらに悪化させる原因となります。

 

 

陸上の走りとサッカーの走りは別物

陸上の地面のけり方とサッカーの脚の使い方。

そして腕の振り方は、全く異なります。

 

これはレッスン時にお見せする映像などをご覧頂ければ一目瞭然です。

 

誰もが見落としていた事実を確認していくだけでサッカーの走り方は常に確認復習でき

サッカー自体が一気にレベルが上がります。

正しいサッカーの走り方を学べば前だけでなく360度方向へのスピードの向上が図れます

陸上の短距離走は前へ一番早いスピードで走ればよい。

サッカーはそうではありません。

 

前だけでなく。前後左右に360度走る必要があります。

 

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  2. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数