セレクションに受かりたいのであれば「年がら年中」対策が必要になる時代へ

a0001_009700

こんばんは

谷田部です。

 

セレクションに受かりたいと本気で思うのなら

セレクションの前に準備をする。

というのは当然だと思います。

 

セレション対策は毎年前倒し傾向に

 

セレクション対策は年々前倒し傾向にあります。

ちょっと前までは2月、3月だったものが

11月12月という年内に

 

ちょっと気付けば9月といっていたのもつかの間今では

5月には練習会と称して選手選考は行われている実情があります。

セレクション対策は最低でも1年以上前に必要な時代へ

 

上記したように学年が変わって間もない5月には声掛けと選手選考が行われるという時代に突入しているのです。

 

これが何を意味するのか。

そう、6年生で受けるのであれば5年生の試合はすでに見られている。

と考えるのが自然です。

 

セレクション対策。とはセレクションが実際に開催される前に呼ばれて内定する。

これがもっともスムーズな合格方法になるのです。

 

Jクラブに入りたいのであれば5年生になったばかりの4月から始める。

くらいでないと厳しくなってきている現状があります。

チームでスタメンは当然のこと。大会でのアピールがとても重要になってきます。

正しく続けること。これで道は開けてくる

サッカーの場合

本気で上達したい。

と思ったのであれば

「正しく続けること」これに尽きます。

 

正しく続けていくと

苦手分野の克服はもちろん。

 

しっかりとした「サッカー」へと邁進することになります。

それは自然と高いレベルのクラブに目が止まるようになる。

 

当然の結果として付いてきます。

正しく続けること。

これが意外と難しかったりします。

だからお早めにアプローチをしてほしいのです。

相手が見ている所を理解することが必要

サッカーのセレクションは何百人単位で行われることがザラです。

その中でも生き残るには様々な方法があります。

 

実力的なものはもちろんですが

気持ちの持って生き方や考え方などを知ることでも大きくその日の出来栄えは変わってくるものです。

 

相手を知ることで何が求められ何を用意したら良いのか。

どのようにアピールすればいいのかを知ることは今後のサッカー人生において大変役に立ちます。

結局セレクションというよりも日々の対策をするほかない

結局セレクションというものが実施される以前に

スクールであればスクールでの日々の練習や

チーム内での練習。

そして大会などでの活躍。というものは

常に見られている。という気配りが必要な時代へと突入しています。

 

セレクションを受けたい。

その前にすでに臨戦態勢は日々続いていたということ。

これに気付くことが非常に大切な時代を迎えています。

 

 

まずはご相談ください。

セレクション対策の駆け込みお申し込みは多数頂いておりますが

弱冠数の空きもございます。

 

お問合せ時にご相談ご調整させて頂いております。

 

谷田部

 

 

 


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願致します。
button_001


友だち追加数

関連記事

  1. ボールが無い時の動き方。タイミング、パスの受け方などオフザボールのお悩みお任せください。

  2. 年々狭き門と化すセレクション。スカウティング対策や内定対策が早急に求められている

  3. パターンを持てば上手くなるためのサイクルが出来上がる

  4. ボールを止めてから蹴るまでのタッチ数が多いのは、プレースピードを遅らせる

  5. ~正しく続ければ上手くなる~「正しく」を見つけるまでが時間を一気に短縮

  6. 評価をされない原因。周りについていけない原因。を克服する方法

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数