a0790_000650

サッカーの上手い子と下手な子

 

大きな違いとは何なのか?

単純に練習量の違いや運動神経といったものもあります。

では、遅れて始めた子は追いつけないのか?

 

そんなことはありませ8いjん。

 

上手い子と下手な子の違いを理解して意識して練習するだけで劇的にサッカーは上達します。

例えばボールを止めるトラップ(今ではコントロールといいます。)

ドリブル
キック

地面にボールがある状態での話ですが
これだけでも上手い子と下手な子には大きな差があります。

しかも共通しているたった一つのことです。

それは・・・

地面から足を離す高さの確立が出来ているか否か

サッカーの上手い子は足の上がり方が違う

上手な子というのはドリブルもトラップもキックも地面から足を上げてボールに触る時の高さが
毎回種類ごとに一定です。

ボールの中心の高さというのは地面にある限りは変わりません。

上手な子はボールに触れる際
足の高さの調整が一瞬で確立し安定しています。

しかもこれを走りながらでも毎回同じように行います。

これが下手な子は
毎回足の高さ調整がバラバラで安定もしません。

そうするとキックもトラップもドリブルも毎回運任せになってしまいます。

上手い子は足の高さ調整を意図的にはやってきていない

これは大きな事実です。
上手い子たちは足の高さ調整を感覚の中で当たり前に行ってきています。
そうするとこの「高さ調整」というポイントを意識していくだけで
一気に追いつくための練習量も時間も短縮することができます。

ボールコントロールも結局は体の使い方のコントロール

ゴールデンエイジといって小学生の時は神経系の発達が素晴らしく
ボールコントロールというものを徹底的に行うチームやスクールさんは多いです。
ある意味業界での常識です。

しかし、この場合も出来ないうちは
出来る子の体の動かし方を真似てからボールを扱って見ると
簡単にできるようになったりします。

差の埋め方は理解し繰り返すこと

上達するには時間と量をただやるよりも
出来る人の真似の仕方とポイントを盗むコツが大変大切なのです。

その見るべきコツと意識すべきポイントと上手い人の共通点を教えるのが谷田部のレッスンです。

そしてそれを意識して反復すれば一気に定着していきます。

このような指導の方法を行う私のレッスンだからこそ
一回のレッスンでも劇的に上達する子が続出しています。

まずはご相談ください。