セレクション対策や内部昇格対策もお任せください。(もちろんレギュラー対策も)

a0006_002490
こんにちは
谷田部です。

J下部組織クラスのセレクションは中盤へと差し掛かっています。

地域のクラブチームや学校の部活などのセレクションなどはこれからが佳境へと入っていきます。
チーム内での内部昇格などどうしたらよいだろうか。

身を任せっぱなしで何もせずに内部昇格できない。セレクションも合格できない。
ではしゃれにならない時代になってきています。

サッカーの進路は小学生の高学年から大きくその先を左右する大きな問題へと変わってきています。
中学から高校の時点でクラブチームへ入ろう。

それが非常に難しくなっている時代。

一度入ったチームでの内部昇格、または小学生のうちに強豪クラブへの入団が大きく今後を左右してきます。

今回の内容。
整理としては

小学生がセレクション。
中学生は内部昇格。

これがキモになります。

小学生の場合、入ったからと言ってもすぐに内部昇格の問題。
それ以前にレギュラー争いの問題が付きものになります。

入っておしまい。
の時代では無くなりつつあります。

もちろん。小学校の段階からユース年代。高校へ上がるレベルまでしっかりとサポートできる。
その経験とスキルがある個人レッスンはサッカー家庭教師だけといっても過言ではありません。

各チームのコーチ陣がセレクションで見ている所
チーム内で評価するところ

同じ視点からしっかりと修正し、伸ばしていく個人レッスンがサッカー家庭教師です。

まずはご相談ください。
何が見られるのか。何をすべきなのか。どのように過ごしていけば自然と内部昇格できるのか。

本当の個人レッスンでお力になります。

谷田部

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 「技術」とは「道具」。 「道具」を揃え「道具」の使い方を学べ

  2. 「考えさせる」練習の前に考えるための材料も必要

  3. コミュニケーションと読み取る力。〜本当に見なければならない5つの事〜

  4. 判断スピードを上げる、パスをもらう動き、パスを呼び込む動きも個人レッスンで可能です。

  5. 「技術」は表現しようとすると自然とついてくる

  6. セレクション受講者の上昇と共に書類審査の重要性が増している