年々狭き門と化すセレクション。スカウティング対策や内定対策が早急に求められている

a0001_009538
こんにちは
谷田部です。

セレクションの時期も真っ只中。
去年よりもさらに厳しくなっているな。と感じる今日この頃です。

セレクション対策のスクールやチームも最近では増えている傾向にありますが
逆にセレクション対策対策ではありませんが、そう見受けられる動きも顕著です。
特に強いチームの場合ですね。

セレクション対策はスカウティング対策や内定対策の時代へ

現在進行形でセレクションが行われていますが

来年に向けての啓発として
少しでも早く動き出すことをお勧め致します。

出来るのであれば今現在所属しているチームのレギュラー奪取はもちろん。
しっかりとスカウティングの対象になれるような選手になることが求められます。

最近はリーグ戦なども盛んにあり、スカウティングの場が昔以上に増えています。

普段の試合の場からセレクションが始まっていると言っても過言ではありません。

今年は5月の後半あたりからざわついていました。
どんどん前倒しの傾向です。

だからこそ、内部のスクールに所属しているのであれば「内定対策」
そして既存のチームでの「スカウティング対策」が求められるのです。

スカウティングに関してはまだ11月後半まで間に合います。

去年は滑り込みセーフでしたがそれで決まったお子さんもいらっしゃいました。
今年で言えば、スクールにしか所属していないお子さんがセレクションに合格したケースもあります。

最後の最後まで何が起こるかわからない、セレクションですが
早め早めの対策が重要です。

まずはご相談ください。

谷田部



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 日本中のサッカーの”困った”を”本物”で解決したい

  2. サッカーが”自由”?とんでもない。実は見えないセオリーやルールは多い

  3. セレクション申込用紙の書き方2017【保存版】

  4. 首都圏のJ下部組織・主要チームのセレクション対策と傾向《保存版》

  5. 緊急告知!来年2018年度より新規クラス増設

  6. 「導入期」を正しく過ごす。正しく取り戻す