判断スピードを上げる、パスをもらう動き、パスを呼び込む動きも個人レッスンで可能です。

admin-ajax (6)

サッカーの個人レッスンと言うと
個人技しかできないんじゃないの?

という想像をしている方が非常に多いです。

初心者の場合には、個人技ももちろん入りますが
少しレベルが上がるとチーム戦術やセレクションでの対策のために
グループ戦術や動きもしっかりと指導しています。

ボールの無いところのプレーのお悩みもまずはお聞かせください。

きっとお役に立ちます。

出来るわけない?他の個人レッスンと一緒にしないでください。

サッカーの個人レッスンはサッカー家庭教師が元祖です。
というよりも代表の谷田部が自分自身が上達するために考えてきた
小学生のころからの練習方法や周りの練習方法をもとにずっと作られてきた内容ばかりです。
そしてその内容は常にアップデートされています。

だから判断スピードを上げるやボールをもらう動き、など自分自身も必要だったり
周りの上手い選手がどのようにしてきたかを逆算されてきたものを個人レッスンへと落とし込まれています。

その内容はサッカー協会が求めているものに合致はしますが、本や教材、他で教われることはまずありません。
完全オリジナルばかりです。

高いレベルの悩みこそ本気で任せてください。

高いレベルでのお悩み例としては

インターセプトの「読み」を教える。

パスのもらい方。

裏の取り方。マークの外し方。

判断スピードの速さ

動き出しのタイミング

動きが遅い。

要するにオフザボールの動きと呼ばれるもの

監督やコーチへのアピール方法・・・

などなどレベルが上がってくれば来るほどにボール技術とは異なる悩みが出てくるのが常です。

それでもチームやスクールの練習ではこうした問題は、8割は改善しません。

なぜならボールを当たり前に使う練習の中で

出来る子は感覚で出来るようになり他はただただ時間が経過するだけだからです。

 

現場レベルから掘り下げて一気に改善をする

サッカー家庭教師では、本当に困っている。

これを上手くなりたいけどどうしたらよいか。

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  2. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数