本気でサッカーを上手くなりたいなら「プレースピード」を上げろ

a0782_001194

F1も高速も下道も「運転」は「運転」。サッカーも同じことが言える。

一口に「運転」といっても

F1や高速道路、一般道ではそれぞれ体感スピードや判断スピード、緊張感というものは全く異なります。

60km/hでしか走ったことが無い人がいきなり300km/hでの運転をさせられれば普通に走れば事故です。

それはサッカーにも全く同じことが言えます。

 

サッカーのレベルの差は「スピードの差」

サッカーのレベルの差。というのは

ドリブルが上手い。リフティングが上手い。ではありません。

 

地域レベルと全国レベルでは、同じようにサッカーをやっているように見える。

よりシンプルにやっているように見える。

という中が非常にDFのスピードが早く。それに伴い、ボールを持っている側の判断スピードやプレースピードがとてつもなく早いのです。

それは単純に脚が早い。ということだけでの差ではありません。

地域レベルでしかやったことがない。のと全国レベルを体感している。

のではそう言った「スピード」への対応力が大きく異なるのです。

スピード感への対応は、ある程度「慣れ」で対応が出来る。

このスピード感への対応というのは

正確な技術以上に、脳味噌がものをいいます。

 

なぜなら、強く早いパスのボールを素早く迫りくるDFを前に冷静に正確にプレーが出来るか否か。

それは強靭なメンタル。というよりも、経験を繰り返していくうちにどうやったら落ち着いて出来るか。奪われないか。

を覚える必要があるからです。

 

だからこそ、サッカーを車の運転に例えた。とも言えるのです。

今何をしたらよいかわからない。ある程度出来る。それでももっと上手くなりたい。

そんな場合。まずはご相談ください。

半端なキャンプや合宿に正直得るものはあってもレベルアップまではしないでしょう。

 

それ以上にプレーのスピードやプレッシャーが上がった中で正確なプレーや判断が出来るのか。

技術はそれについて行けるのか。をしっかりと確認し、磨いていく。

そしてさらに強度を上げ、足りない部分を足しながら確認していく作業をやっていきます。

 

今の時代、「サッカー」は誰でも出来ます。

そう「サッカー」は誰にでも出来るのです。

高いレベル。それこそプロを目指すのであれば学年のくくりの中では当たり前にずば抜けていく必要があります。

 

その他一般人に何かしらずば抜けてくれなければ、それこそ、プロは飽和状態になってしまいます。

 

この夏本気でレベルアップを図るのであれば

自分の能力を確認し、潜在能力を引き出すサッカーの個人レッスンにお任せください。

 

他では出来ない、発見と体験をお届け致します。

 

谷田部

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. サッカーは”難しい”という【洗脳】を解け!

  2. 「感覚」と「センス」だけの選手が行き詰まる理由とは

  3. 「導入期」を正しく過ごす。正しく取り戻す

  4. ファーストタッチには3パターンある

  5. セレクションに受かりたいのであれば「年がら年中」対策が必要になる時代へ

  6. セレクションや試合で自分自身のスイッチを入れる「鍵」はオフザボールにある

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,822人の購読者に加わりましょう

【PR】




サッカー家庭教師他メディア

LINE@追加はクリックかQRコードで

友だち追加

アルバイトコーチ募集

【PR】




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,822人の購読者に加わりましょう