「技術」とは「道具」。 「道具」を揃え「道具」の使い方を学べ

a1180_014525

サッカーとは
ボール一つあれば出来るスポーツです。

そのために様々な足技という「技術」が存在します。
そうした「技術」を教えてくれるのが現代ではチームだけでなくサッカースクールになります。

様々なキックやボールタッチやフェイント
それをどのような場面で使うのか?

上手い子と下手な子ではそうした”理解”までがついて練習しているか否かが大きく違います。
練習と試合でどのように教わった「技術」をつなげていくのか

チームやスクールではこの「使い方」というのがおざなりになってしまいがちです。
なぜなら人数が多いため出来ている子が7、8割いればほぼほぼ放置されるからです。

出来ないのではない。繋がっていないだけ

技術を学ぶ際に実際にどのように使うのか。
想像し理解していく。

これをするだけで「技術」もさらに磨かれ、サッカーは一気に上手くなります。

例えるなら

算数で公式は教わっても、練習問題にあてはめる練習をしていない。
あてはめ方がわからず次の公式を覚えるだけ。

の状態です。

これでは上手くなるわけもなく、楽しくなるはずがありません。

出来る!

という実感を与え、リンクしていくだけでサッカーは面白いほどに上達します。
もちろん、技術の使い方だけではありません。
技術の作り方から教えます。

むしろ技術の作り方の方が本業なのが
サッカー家庭教師の個人レッスンです。

夏休みの短期集中でサッカーを理解し
ライバルに追いつけ追い越せをぜひご体感ください。

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 判断スピードを上げる、パスをもらう動き、パスを呼び込む動きも個人レッスンで可能です。

  2. 現時点の力を使い、レベルアップ。底上げしていく個人レッスン

  3. サッカー家庭教師は「技術指導戦略」のプロ

  4. 「埋もれる才能」に到達できるのはあと一歩かもしれません。

  5. 上手く見せる。 上手くなる。に必要なプレーの「パッケージング」

  6. 出来ないには出来ないの「理由」がある