結果が出ないのは「練習量」ではなく「頭の中」が間違っている。

a0008_001800

結果が出ないのは頭の中が間違っている。

サッカーをやっていく上で、練習を頑張っている子
それでも結果が出ない。

そういう子は、まず練習方法と練習の時に「考えていること」が間違っています。
または何も考えていない。ただ繰り返している。
のどれかです。

頑張れる子だからこそ、間違った形での反復はもったいない。

頑張れるのであれば、後は正しい努力をすることが重要です。

勉強の場合
教科書をいくら長時間持っているだけでも結果は出ません。
ポイントにメリハリつけてやっていく必要があります。

サッカーにも反復すべき「ポイント」があるのに
ただメニューをこなしていませんか?

同じメニューでも、考え方1つで大きく変わります。

ただリフティングやジグザグドリブルをしていても上手くならない

自主練習はリフティングやジグザグドリブルをしている。

なぜなら上手い子たちもこれをやっているっていうから
インターネットで載っているから。

上手い子と同じ練習メニューを表面的に真似ても上手くなりません。

これって実はあまりうまくなりません。
それでもジグザグドリブルやリフティングで上手くなる子もいます。

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  2. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数