右足しか蹴れないから左へ抜けない。左へ抜けてもシュートが蹴れない。逆足が蹴れなくても何とかする方法

a0001_009700

シュートで右利きだから右方向にしか抜けない。
左へのチャレンジをしない。

ドリブルですら右足しかほとんど使えない。

こういった問題点は、それぞれ改善することが出来ます。
時間で言えば早い子であれば、それぞれシュート15分、ドリブルで20分と言ったところでしょうか。

ちゃんとシュートを学び、ドリブルを学べば一時間かからず問題は解決します。

逆足が蹴れないから困っている。
そんな場合は今すぐに逆足を蹴れるようにするのは難しいので
左方向に抜けても右足でシュートをする方法を教えます。

逆足をシュートを蹴らなくてもシュートを蹴れる方法を学び
同時並行で逆足も練習していく

そうすれば
左に抜けたときに右足でも左足でもシュートが蹴れる。
キーパーやDFからしたらこれほど厄介な存在はありません。

そんなプレーが出来るようになります。

何度も言います。
一時間はかかりません。

今回は3度のレッスンで(3時間)のレッスンで
ドリブルとシュートを逆足方向へ抜けてシュートまで出来るようになりました。

ただし、条件があります。
よく体験レッスンの段階だけで全て学ぼうとする方も中にはいらっしゃいます。

確かに体験レッスンでも、出来るようにはなる部分もありますが
あくまでも段取りが重視です。

その子のレベルもありますから
そこに行きつく部分をすっ飛ばしてでは結局ぐちゃぐちゃになります。
何度も言います。
一回でも改善は出来ます。

それでも長い目で見るのであれば、ご要望や理想をお伝え頂いて
お任せ頂けるのが一番です。

逆足が蹴れなくてプレーの幅が狭く困っている。
そんなご相談もお待ちしております。

谷田部



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 最近のサッカー家庭教師について

  2. 「導入期」を正しく過ごす。正しく取り戻す

  3. 頭の中をより”シンプル”に出来るか

  4. サッカーが下手なのは”思い込み”が上達を阻害している

  5. 「自信のない子たち」がレギュラー対策すら飛び越して、なぜセレクションを目指してみたくなってしまうのか

  6. 本当にすぐサッカーが上手くなりたいなら・・・