当たり前にやって上手くなる子とそうでない子が同じ練習で差が縮まる訳がない。

a0022_000088

当たり前にやって上手くなる子とそうでない子が同じ練習で差が縮まる訳がない。
差は広がっていくばかりです。

youtubeや本にある練習
チームやスクールの練習は常識の範囲内の練習です。

当たり前にやってうまい子と同じで上手くならないんだから、非常識と言われる形で追いつくしかないんです。

常識も非常識も時代時代であっというまに変わります。今が非常識と言われても時代がおいついていないだけです。

サッカー家庭教師は、私が始めた当初はまさに「非常識」といわれました。
サッカーは団体でやるもの。だからだそうです。
それが今では個人レッスン業者は飽和状態。

常識なんて後から付いてくるのものです。
(かつて水を飲むなんてと言っていた怖い指導者達が、今では水を飲め!の時代です。
この手の返しよう。怖いくらいです。)

みんなと同じことをやらない。
人がやらないからこそやる。しかも誰よりも先に!

そうでもしないと周りと差は埋まらず、差もつきません。

スポーツ界の常識なんて、あってないようなもの

いつだって私のやり方はサッカーの指導者間では、「非常識」扱いです。
でも、その場で変化を実感して頂けます。
シュート力が変わり、ドリブルが変わる。動きも変わる。姿勢が変わる。いきなり何点も決めてくる。周りの態度が変わる。

私の場合、そういう非常識と思われていることは「日常」の範囲内です。

私に言わせれば力を引き出せてない子。という子がほとんどだからです。
要するに、型にハマる今のやり方が合ってない子は物凄く多いんです。
そういう子達は、私に言わせればスケールの大きい子です(笑)

何かを変える「きっかけ」
それが欲しいと遠方からのお客様も多数いらっしゃいます。

何かを変えるお力になります。

まずはご相談ください。

谷田部

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 下手な子や初心者が最短で変化を出すための個人レッスン

  2. 個人レッスン指導は「職人技」。私でダメなら諦めてください。

  3. 囲まれた時の改善策は?”ドリブル技術”が問題ではない!?

  4. サッカーへの消えない「苦手意識」があるからこそ見

  5. 技術にも成熟させる時間とチャンスの数が必要

  6. サッカーが上手くなりたければ「自主練習をするしかない」