セレクションに受かる方法

地域選抜もJリーグの下部組織も
セレクションで大切なのは
”見た目”です。

セレクションに受かる”見た目”とは

紹介や招待でない限り
グラウンドの外でスタッフが外から選びます。

”上手く見える”見た目

まずはこれが大切です。

服装・姿勢が非常に大切です。

うまく見えるにはいくつかポイントが必要です。

いかにサッカーに真剣に接しているのかは
髪型や服装(ウェア)でわかります。
セレクションは学校の入学試験と一緒
服装も見られています。

上手い選手には独特のオーラがあります。
これは姿勢で変わります。

立ち姿・次のプレーの思考など技術的思考が姿勢にはでます。

いかにサッカー選手であるか
が問われる場がサッカーのセレクションです。

セレクションは結局見た目なのか?

セレクションの場での”見た目”は
いわば一次セレクションです。

”見た目”でプレーを見てもらえる機会が増える

まずはこれに付きます。

見てもらえない(目立たず)まま落ちる
ではどうしようもありません。

内面や技術がいくらよくても見てもらわないと埋もれてしまいます。

姿勢と服装は短期間でどうにかなります。

姿勢も服装も簡単にいえばどうにかなるんです。

もっとも大切なのが
内面的要素・サッカーの理解の定着が時間がかかります。

戦術的理解・技術的理解などサッカーの基礎を理解し
定着させる

理解から自然に体で表現する”定着”
これが上のレベルのセレクションでは非常に大切です。

Jの下部組織のセレクションを受ける方は

戦術的理解・技術的理解などサッカーの基礎を
自然と体現できるよう
前もってレッスンを受けて頂くことをお勧めします。

技術は問われないのか?

もちろん技術は問われます。

上の姿勢と戦術的理解・技術的理解などサッカーの基礎を
自然と体現できるようなレッスン

サッカー家庭教師では行っています。

サッカー家庭教師の個人レッスンを
受けて頂ければその子の能力を短期間で
最大限引き出します。

「姿勢」が良くなるだけでボール扱いがしやすくなったり
キックミスが減る

無駄に意識するボールトラップのコツを学ぶことで
もっともっと考えるべきことを考えられるようになる。

いつの間にか技術的にもレベルアップしている
しかも頭の中身までも表現し、周りに分かってもらえるようになる。
それがサッカー家庭教師の個人レッスンです。

結局セレクションとは

セレクションで見られるのは
”内面” ”人間性” ”戦術理解” ”技術” ・・・

など色々いいますが

全てをグラウンドで表現する
”見た目”
が全てといっても過言ではありません。

内面すらも”見た目”に出す

言い訳は一切聞いてもらえる機会はありません。

グラウンド上での表現という表現方法(見た目)の質
をいかに上げていくか

これはセレクション対策だけでなくレギュラー決めにも通じます。

サッカー家庭教師の個人レッスンは
基礎レベルからセレクション対策まで使える
一貫した
サッカーに必要な
「姿勢」と戦術的理解・技術的理解などサッカーの基礎を
自然と体現できるようなレッスン

だから上達の度合いもリピーターもセレクション合格率も全てが違うのです。

お勧めのセレクション対策は?時期は?

ここで挙げたセレクション対策は
代表:谷田部が承っているものです。

遠方から東京都内まで通っていらっしゃる方も
多数いらっしゃいます。

今4月に始めても早いところは11月にはセレクションは始まります。
半年と少ししかありません。

今から始めることが大切です。

レッスン頻度もある程度定期的に受けて頂くことを
お勧めさせて頂いております。

本気には本気で応える!
他にはないレッスンで上達をお約束します。

まずはご相談ください。