a0002_011081

最近、難関のセレクションに一般合格という嬉しい連絡が入ったため
今回は
日々家庭教師を行っていて感じる。
伸びる子と伸びない子の傾向についてい書いてみようと思います。

伸びる子というのは

まずは聞き入れる。やってみる。
そこからの取捨択一が出来るかどうか。

出来るよと言って適当にやる子
出来るからいいよ
という子はたいてい壁にぶち当たる。

その時点で仮にやったことがある。出来ると思っていたとしても
もう一度聞いてやってみる。

今まで出来ていたと思っていたことの意味と使い方の説明を聞くだけで
思わぬ発見が詰まっていることが多々あります。

そして出来ると言っていた部分が他の土台になっていたりします。

何よりもコーチによって同じことの説明も捉え方や使い方が違うため
聞いておいて損はない。
ということが言えます。

サッカーが上手くなりたい
正当な評価をもらえるようになりたい
セレクションに受かりたい
と本気で思うのであれば

正しく継続し努力を続けること

ここでは
正しくということが非常に大切です。

正しく継続的な努力

ということが一番難しいところです。

指針や方向性に迷っている。
というお子さんをお持ちの方

まずはお気軽にご相談ください。

正しい継続的な努力を行えるかどうかが
同じ時間を過ごしていても
結果的に大きく異なってきます。

ご参考まで

谷田部

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
プロ家庭教師谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

サッカー家庭教師のお問い合わせはコチラから

0120-115-412
45
>>サッカー家庭教師は「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。