a1370_000175

子供に教えすぎてはいけない
考えさせる指導

これが巷で言われる指導法。

徹底的に教えるというイメージが強い
サッカー家庭教師や
サッカー個人レッスンは
チーム関係者やサッカースクールからは
煙たがれる存在です。

サッカーの場合
基本的に「遊び」です。

そして「勝つ」ことが
何よりも楽しみの一つです。

どんなにいいプレイをしても
「負け」
の上よりも「勝ち」の上についたいいプレイの方が何倍も楽しくなります。

「遊び」だからこそ真剣に楽しむために「勝つ方法を真似る」

勝つためには、自力で考えるよりもまずは「強い人を真似る」

中身のないオリジナルティより、「真似」は質が高い

練習習慣やメニュー構築方法を学び効率よく練習
そうしたものは真似して覚えても問題ないもの

何事も新しく発明するよりも
先人に学ぶことがもっとも大切です。

先人の失敗や成功を学び
自分の中で昇華していく

これをやらずして新しいものは生まれません。

自分で考えなさい。
よりもまずは学びなさい

それからの考えなさい。
が最も大切です。
中途半端の中で技の開発や戦術開発に走るなら古人に学ぶ方がよほど利口です。

サッカー家庭教師の個人レッスンは
まずは型にはまってもらいます。

しっかりと基本を学び
どうしてそうなるのかの原理原則を学ぶことで
さらにアイデアを乗せることが可能と考えるからです。

だからこそ
まずはニュートラルな技術を入れていきます。
それでも
その子に入りやすそうな技術から
自信をつけつつです。

そうすることで
一気に自信と技術がついてきます。

その先の中でアイデアを乗せていく

これは言わなくてもどの子も自然発生的に行うようになります。
なぜなら「遊び」になってくるからです。

そして安心してほしいのは

同じ技術を学んでも全く同じプレーの子は出来上がらない

これ性格や考え方、体格など全く同じ子は存在しないからでしょうか。
教えているほうからも大変面白い部分です。
同じ鉛筆を与えても、文字に癖が出るようなものだと理解していますが。


型にハメる。泳がす
この二つのバランスとタイミング

これがサッカー家庭教師の個人レッスンです。

まずはご相談ください。
冬休みのレッスンのお問合せも増えています。

年内いっぱいは活動の予定です。
お早めにどうぞ

谷田部

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412
45
>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。