自己流もプロにポイントを教わるだけで日常から変わります。

a1180_014659

同じように毎日使うキック
インサイドやインステップ、インフロント
ボールを止める際の動きでもなんでも構いません。

何気なく当たり前に行っている動き

なんとなく課題が見つからないなあ
または課題にぶち当たっているなあ

どうしたら良いのか?

そんな時の答えは
大体初歩的な部分に眠っていることが大半です。

例えば
「プレースピードが遅い」
たった1つのキーワードからも考えられる改善策は
判断スピード
プレースピード
大きくわければこの二つですが
プレースピードだけで考えていくと
キックが大ぶりなのか
ボールを蹴った際のスピードなのか
ボールを置く位置なのか

など結局基本的な部分が大半なのです。

だからこそ
自己流でやってきた技術にプロの指導でフォームの改良を行っていく

これが非常に効果を表します。

もっと早く教わればよかった

必ずこう思います。
ほとんどの自己流は
「力任せ」だったり「無駄な力が入っている」
等ばかりだからです。

もっと無駄なく蹴れるようになったら
無駄の無い技術ができるようになったら

それはもちろんプレースピードも
体力面でも全ての面で有利になってきます。

自己流を改善する機会が早ければ早いほどクセが抜けやすく新しいフォームが入りやすくなります。
また
最初から自己流でなく正しい自分に合ったフォームを学びたいというのもありです。

ポイントを学ぶだけでサッカーは楽しくなります。
毎日が充実します。

そしてそれは「教え方」も左右します。
だからこそサッカー家庭教師が選ばれ続けているのです。

まずはご相談ください。

谷田部

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412
45
>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンライン動画レッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

谷田部真之助アカデミー一期生全国で生徒募集開始!

関連記事

  1. 試合見学の話

  2. ボールを止めてから蹴るまでのタッチ数が多いのは、プレースピードを遅らせる

  3. ドリブル練習ばかりで「動きながらのパス」や「もらい方」がおろそかになっていいないか

  4. 最近の個人レッスンで行っている改善内容 

  5. 型にハマれ。それが応用力を高める一番の近道 

  6. 子供達までもが情報過多でサッカーに”迷い”が生まれている

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説