強豪セレクションは「外部的要素」だけでなく「内部的要素」対策強化へ

a0006_002475

サッカーのセレクション
受験者が増える一方でその状況もさらに難しいものになりつつあります。

「外部要素対策」というのは、技術的な要素や客観的に見て
サッカーを上手く見せる
プレイの仕方
等になってきます。

これは付け焼刃的なものでもよく
一般的なセレクション対策のスクールがこれを対策しています。

「セレクション対策」が嫌われるセレクションの現場

セレクション対策をしているのがわかれば落とされるのです。
とあるセレクション対策スクールの対策はとっくの昔に見破られています。
私がセレクション会場で見てもそのスクールに行っているな、と特徴がわかるくらいです。
プロが見れば一目瞭然でばれます
極端なセレクション対策は、対策を講じていると見破られています。
だから落ちます。

そしてセレクション対策スクールの弊害として「外部的要素」だけではなく「内部要素」というのが
非常に重視される傾向が強く見られるようになってきました。

ここでいう内部要素対策とは・・・
書類選考に書かれる部分や既存所属チーム内で行っておくべき事前対策

いわば学校の推薦入試のようなものです。
既存のチーム内での評価や書類選考に書かれる内容が重視されます。

事実、調子が悪くても書類選考や選抜歴、所属チームなどを考慮されれば
最終選考まで残ります。

逆言えばいくら一次や二次で良くても全く引っかからない子も中にはいます。
いわば出来レース的なセレクションの現場になりつつあるのです。

セレクション対策は付け焼き刃では効かない

前持ってしっかりと自分の所属チーム内での立ち位置の確保や立ち方、立ち回りから始まっている(チーム内評価)
それは強いチームほど名前が通る(地元に根付いている)チームほど大切になってきます。
普段のチーム内でのコーチとの関係すらも関わってくると言っても過言ではありません。

だからこそセレクション対策では、もっと深いところにまで求められます。
事前の対策や準備が必要になってくるのです。

外部要素対策と内部要素対策

技術的成長とチーム内部での立ち位置や関係性のバランス
これをしっかりやらなければ強豪チームで残ることすら難しくなってきています。

その両方をやるには準備期間もしっかりと必要になります。

来年のセレクションをお考えの方はお早めにどうぞ

谷田部

 

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412
45
>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  2. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数